アプリ「Snapchat」を日本で本格的に展開!Snapが日本法人オフィスを設立

アプリ「Snapchat」を日本で本格的に展開!Snapが日本法人オフィスを設立


Snapは、日本での成長を一層強化するために、日本で最初のオフィスを、若者文化とクリエイティビティの中心である東京・原宿に設立した。

長谷川倫也氏がSnap日本代表に



Snap日本代表の長谷川倫也氏は、これまで日本における様々なグローバルブランドの立ち上げと成長を支えてきた。

彼の経験を活かし、Snapchatはユーザーやクリエイターのコミュニティ構築、戦略的パートナ ーシップの拡大、日本国内のニーズに沿ったプロダクト強化に積極的に取り組んでいく。

また、日本のユ ーザーにとって最高の体験を提供できるよう、国内のチームを拡大していくという。

3億1900万人が利用するSnapchatコミュニティとは


世界のSnapchatコミュニティには3億1900万人のユーザーがおり、日々大きく成長している。

Snapchatは、気軽で楽しいコミュニケーションを追求し、従来のSNSとは大きく異なるよう意図的にデザインされている。

アプリを開くとまずカメラが立ち上がり、撮影後に送信先を選ぶことで、飾らない本来の自分とその日常を、素早く気軽に、シェアしたい人とだけシェアできる。

プライバシーをSnapchatコミュニティの中核に


Snapchatは、違う誰かを演じなければいけない、映えなければいけない、完璧でなければいけない…というプレッシャーから、ユーザーを解放してくれる。

またSnapchatは、今では一般的となった「一定時間後に自動的に消える」という、プライバシーに配慮した投稿の発明者でもあり、今後もプライバシーは、Snapchatコミュニティの中核に置く構え。

大学・専門学校の生徒と連携


2022年は日本で多くの施策を予定し、日本独自のコンテンツやクリエイティブなツールが続々と提供される。

日本の若者をターゲットに、数千人におよぶ大学・専門学校の生徒と連携し、Snapが無料提供するAR制作デスクトップアプリ「Lens Studio」によって作られたレンズを届ける予定。

国内インフルエンサー支援も


また、学生との連携に加えて、Snapは国内のインフルエンサーを支援することにも注力していく。

今年はすでに7人(中里真哉斗氏、千葉祐夕氏、森長一誠氏、里吉峻氏、永島歩花氏、三野宮鈴氏、粕谷音氏)を「Snap Star」として認定。今後も国内のSnap Starを発掘していく予定。

日本らしいレンズの開発へ


日本での成長には、日本の文化に根付いた活動が不可欠。Snap Japanは、日本文化をARで祝い、日本らしいレンズを開発していく。

日本のアニメにインスパイアされた「Anime Style」レンズは、2020年にリリースされ、世界中で人気を集めた。

今後も、飾らない自分を気軽にシェアできるアプリ「Snapchat」に注目が集まりそうだ。
カテゴリ