連載終了の危機漫画『4人はそれぞれウソをつく』アニメ化決定 2022年放送

連載終了の危機漫画『4人はそれぞれウソをつく』アニメ化決定 2022年放送

 別冊少年マガジンにて2020年より連載中の漫画『4人はそれぞれウソをつく』が、テレビアニメ化されることが決定した2022年にABCテレビ・テレビ朝日系列のANiMAZiNG!!!枠(土曜深夜2:00~)にて放送される。



【画像】登場キャラは宇宙人×抜け忍×超能力者×女装男子!公開された紹介イラスト



 同作は、リッカ、千代、関根、翼は、同じ女子校に通うなかよし4人組を描いた物語。普通の中学2年生に見える彼女たちだが、実はみんな誰にも言えない秘密があり、それは宇宙人×抜け忍×超能力者×女装男子だった。曲者だらけ、秘密だらけの4人だが、ウソのおかげで一緒にいられる学園コメディー。



 なお、一時、連載終了危機があったものの、アニメ化が決定し連載継続が決定し、7日には、2020年以来待望のコミックス2巻も発売される。



■キャラ紹介

【リッカ】

天真爛漫で小動物的なかわいらしさをふりまくムードメーカー。

しかしその正体は、宇宙帝国軍と戦う銀河革命軍大佐でエースパイロットの「パピポポロ・デュルリッカ」で、つまり宇宙人。現在は不時着した地球にて、ぬいぐるみに見せかけた装置でまわりの記憶を操作し、同志の救援を待つ身。地球という星の文化に溶け込もうと必死。



【千代】

おしとやかでちょっぴり世間知らずな、絵に描いたようなお嬢様。…と、周囲から勝手に思われている抜け忍。たおやかな物腰からは想像もつかない猛者で、たまにやってくる追手を容赦なく返り討ちにしている。血なまぐさい日々をおくっているように見えるが、本人は忍者の里を抜けたことを後悔しておらず、幸せな日常を満喫している様子。なぜか男性には厳しい。



【関根】

成績優秀な学級委員。なぜか彼女だけ苗字で呼ばれる。そしてリッカと千代の正体を知っている唯一の人物。なぜなら超能力者で相手の思念が読めるから。ただし、関根の能力は同性限定で、翼の思念だけは読むことができない。外見には無頓着だが、ブ厚いメガネの下には驚くべきポテンシャルが秘められている……かもしれない。



【翼】

女子校に通うボーイッシュな女の子ではなくボーイ。つまり女装男子。男子校に通うはずが、そこに贔屓の男性アイドルも通うことを知った双子の姉に入れ替わりを強要されている。ある意味では思春期男子の夢を体現していると言えなくもないはずだが、特殊すぎる3人に囲まれた状況がそれを許してくれない。本名は剛(つよし)。名は体を表さない。
カテゴリ