【吉本興業 伝説の一日 110人コメント】ビスケットブラザーズ、感慨深い舞台を振り返る「歴史の1ページに」

【吉本興業 伝説の一日 110人コメント】ビスケットブラザーズ、感慨深い舞台を振り返る「歴史の1ページに」

 創業110周年を迎えた吉本興業が、「令和」の新時代に伝統の「笑い」と最新の「笑い」を同時に届ける特別公演『伝説の一日』(4月2日、3日)が、大阪・なんばグランド花月(NGK)で開催。ORICON NEWSは、同公演に密着し、“110人”の芸人に舞台袖で直撃。千秋楽4月3日の「参回目」に登場したビスケットブラザーズに話を聞いた。



【写真】『伝説の一日』千穐楽参回目のステージに立ったビスケットブラザーズ



■ビスケットブラザーズ(きん、原田泰雅)

――出番を終えて

きん:伝説な感じしてますね。オープニング映像が、香盤表がめくれる演出だった。ダウンタウンさんの名前が出た時に拍手が起きて…。



原田:あんな演出って知ってたら、マジで親を呼びましたよ。なんとかして。舞台袖でもいいから。「スーツだけ着てくれ」って言って(笑)。



きん:社員さんっぽくはならへんよ(笑)。



原田:それぐらい、歴史の1ページになれたなって感じがしましたね。



きん:スゴいところに入れていただけたなって思いました。



原田:お客さんの反応も温かかったですね。もっと冷たく見られたらと思ったら…。レジェンドの人たちも出演されるので、お笑いを本当に好きな方が集まったんだなと思いました。めっちゃうれしかったです。



――100周年で行われた『伝説の1日』が、110周年で帰ってきました。120周年でも行われる可能性がありますが、そこに向けての意気込みを

原田:意味分からないですけど、香盤表がめくれる演出で全部「ビスケットブラザーズ」って出てほしいですね。



きん:どう頑張っても、そうはならん(笑)。でも、めくれたら拍手がくるような存在になりたいです。10年でかなうかわからないですけど。



原田:選ばれし人がネタをさせてもらえる。まずは10年後もネタをできる存在になることが必須ですね。



きん:ルミネtheよしもととかに、そうそうたるメンバーが集合している写真があるんです。なんなんやろと思ったら10年前の『伝説の一日』で。それを思うと感慨深いですね。



 『伝説の一日』のオンライン配信チケットは、10日まで発売(視聴は11日の正午まで)。
カテゴリ