ダチョウ倶楽部、フジ連ドラに3人そろって出演決定 主演・土屋太鳳に「ゴメンなさい」

ダチョウ倶楽部、フジ連ドラに3人そろって出演決定 主演・土屋太鳳に「ゴメンなさい」

 俳優の土屋太鳳が主演する、4月14日スタートのフジテレビ系“木曜劇場”『やんごとなき一族』(毎週木曜 後10:00※初回15分拡大)に、お笑いトリオ・ダチョウ倶楽部が出演することが決定した。フジテレビ連続ドラマに3人そろって出演するのは初となる。



【場面写真】商店街の愉快な3人組として登場したダチョウ倶楽部



 講談社『Kiss』で連載中の、こやまゆかり氏による同名コミックが原作。庶民の家庭から上流社会の一族に嫁ぐことになった主人公が、理不尽な一族のしきたりや親族内の複雑な人間関係に翻ろうされながらも、夫とともに真正面から立ち向かい奮闘する“アフター・シンデレラ・ストーリー”となっている。



 今回、ダチョウ倶楽部の3人が演じるのは、主人公・佐都(土屋)の実家であり地元客が足しげく通う下町の大衆食堂「まんぷく屋」の陽気な常連客。いつもアロハシャツを着て、常連客の中ではまとめ役的存在でもある沖縄料理屋のロクさん役を肥後克広が、盛り上げ役でいつも音頭を取っている肉屋の源(げん)さん役を寺門ジモンが、水色のキャップとグリーンのジャンパーがおなじみ、八百屋の八(はち)さん役を上島竜兵が演じる。



 3人は佐都にとって、小さな頃からかわいがってくれている親戚のおじさんのような存在。佐都の夫となる健太(松下洸平)とは「まんぷく屋」に集まる飲み仲間でもあるため、2人の結婚を心から祝福している。また、3人はいつも「まんぷく屋」のことを気にかけており、母の良恵(よしえ/石野真子)を残して深山家に嫁ぐ佐都にとって、頼もしい存在でもある。



 ダチョウ倶楽部といえば、さまざまなギャグやパフォーマンスで人気のある、言わずと知れた国民的お笑いトリオ。結成35年を超え、その活躍はお笑いだけにとどまらず、個々に映画、ドラマなどにも出演。



 リーダーの肥後は2020年11月放送のドラマ『監察医 朝顔(第2シーズン)』(2020年11月~)で月9ドラマ初出演を飾ったほか、昨年放送の『志村けんとドリフの大爆笑物語』(2021年12月)など話題作に出演。また、寺門はドラマ『ラーメン大好き小泉さん 二代目!』(2020年3月)で、“グルメな芸能人”役を演じ話題になるなど、自他共に認める芸能界屈指のグルメ王として活躍。さらに自身初監督作品でもある同年公開の映画『フード・ラック!食運』では、今作で主演を務める土屋を起用。自身の体験談を元にした作品と、肉を頬張る土屋の姿が話題を呼んだ。



 そして上島は、昨年放送の『ラジエーションハウスII~放射線科の診断レポート~』(2021年10月期)や木曜劇場『SUPER RICH』(2021年10月期)など、数多くの作品に精力的に出演。今回、3人揃ってのドラマ出演は、『視覚探偵 日暮旅人』(2017年1月期/日本テレビ系)以来5年ぶりで、フジテレビ連続ドラマでは初となる。



■ダチョウ倶楽部

【肥後克広】

「配役もバッチリで、やはり3人そろうと面白いと確信しました。もらった台本に、現場で監督がアドリブでどんどんセリフを入れていき、面白いシーンになりました。田中亮監督は天才でした。そしてそれを演じるダチョウ倶楽部も逸材です。現場では、ジモンが土屋太鳳さんのファンだから、はしゃいでウザかったです…土屋さんゴメンなさい(笑)。このドラマは面白いストーリーですので、最初から見てください。ダチョウもいい演技してます。この作品でダチョウ倶楽部も国民的俳優デビューです」



【寺門ジモン】

「3人そろってのドラマ出演だとコントにならないか心配でした! 下町のお店でのロケ撮影は商店街ということもあり、どこか懐かしい昭和の感じがして、とても楽しめました! 新しいドラマに参加できて本当にラッキー。見てくれる皆さんにワクワクを!ご期待ください!! 見ないと訴えてやる!!」



【上島竜兵】

「3人でのドラマは久々なので楽しんでできました! 今回、頂いた台本を読んでみて、面白そうだと思いましたね。撮影に参加してみて、本当に和気あいあいで楽しい現場でした。我々の登場する場面はとても楽しいシーンになっていますので、是非見てください!」
カテゴリ