地球環境に配慮して天然素材のみを使用するレディースブランド「HAVA」がデビュー

地球環境に配慮して天然素材のみを使用するレディースブランド「HAVA」がデビュー


インドの首都であるデリーにファクトリーを持ち、天然素材を使用したマテリアルと温かみのある伝統的な刺繍や繊細なテクニックなどを贅沢に紡いだレディースブランドの「HAVA(ハーヴァ)」が、2022年春夏シーズンより販売をスタートする。

プロダクト企画や生産は、1989年より100以上のアパレルブランドのインド生産を請け負ってきたセイナンが担当し、卸販売やセールスは、30年以上に渡りセレクトショップ運営などのアパレルビジネスを手掛けているエヌディシージャパンが担当している。

“日々のドレス”がコンセプト


インドの言葉で“風”を意味する「HAVA」。太古のときから未来まで止むことなく吹き続ける風は、人々の暮らしや様々な瞬間を全て知っている。


同ブランドは、インドの豊かな民族文化やクラシカルなインスピレーションを背景に、普遍的な美しさや喜びとはなにかを探求し、長く愛される“日々のドレス”をコンセプトとしたラインナップで展開する。

持続可能な未来に向けて、環境への不必要な悪影響を最小限に抑えたものづくりを継続するため、縫製糸以外はすべて天然素材を用いた天然繊維と再生繊維を使用している。

コットンや色染めもオーガニック


2022年春夏シーズンで使用するオーガニックコットンは、認定生産基準法に従い、2年から3年以上のオーガニック農法の実践を経て、インド国内認証機関(GOTS)に認められた農地で農薬や肥料の基準を守って作られた綿花のみを採用。また、加工工程の色染めでもオーガニックにこだわり、すべての工程を地球環境に配慮したブランドとして継続していく。


「エンブロイダリーワンピースドレス」28,600円、「エンブロイダリースカート」26,400円や、


「ピンタックボタンシャツ」20,900円、


「アップリケ ギャザースカート」24,200円、


「スカラップシフリー Vネックドレス」35,200円、


「スカラップシフリー ロングスカート」29,700円、


「コットンボイル ピコブラウス」17,600円などがラインアップしている。

販売は、エヌディシージャパン公式オンラインストアのほか、ベイクルーズ、ビームス、バーニーズ ジャパンなどの店舗にて。

「HAVA」の服を身につけて、普遍的な美しさや喜びを感じてみては。

HAVA HP:https://hava-india.com/
HAVA Instagram:https://www.instagram.com/hava_india/
エヌディシージャパン公式オンラインストア:https://www.ndcjapan.jp/
カテゴリ