BTS、ラスベガス対面コンサート4daysは「一段階アップグレード」

BTS、ラスベガス対面コンサート4daysは「一段階アップグレード」

 韓国の7人組グループBTSが、8日から米ラスベガスのアレジアント・スタジアムで対面コンサート『BTS PERMISSION TO DANCE ON STAGE-LAS VEGAS』4days(現地時間 8・9・15・16日)をスタートさせる。



【ライブ写真】BTS、約2年半ぶりのソウル公演の模様 ソロカットも



 昨年10月から始まった新ツアーシリーズ『BTS PERMISSION TO DANCE ON STAGE』は、オンラインストリーミングと、アメリカ・ロサンゼルス、韓国・ソウルで行われた対面コンサートに至るまで、進化と発展を繰り返し、世界中のファンに感動を与えてきた。今回も、以前のコンサートより「一段階アップグレード」した公演を行うことを予告している。



 切望していた対面コンサートとあり、今回もファンとの出会いに集中することは変わらず。メンバー7人のダンスと歌そのものを十分に楽しむことができるように公演を準備している。



 ステージのポイントである大型LEDは、ラスベガス公演でも実装。巨大な電光掲示板は、BTSとファンの“出会い”を極大化する役割を果たす。



 セットリストはソロ曲やユニット曲は含めず、メンバー7人がずっと一緒にパフォーマンスできる楽曲と、ファン人気の高いパフォーマンスを中心に選曲。さらに、楽曲を多彩なジャンルと融合した編曲で変化を加える。



 今回の公演から「THE CITY」プロジェクトという新しい試みも。きょう5日から17日まで、コンサートが開催されるアレジアント・スタジアムを中心にラスベガスのいたるところで、さまざまなイベントを実施。ラスベガス全体が「都市型コンサートプレーパーク」と化し、BTSのお祭り会場となる。
カテゴリ