空気階段、スーツ姿で札束に土下座 ABEMA初冠番組サムネ撮影レポ(1)【ORICON NEWS独占】

空気階段、スーツ姿で札束に土下座 ABEMA初冠番組サムネ撮影レポ(1)【ORICON NEWS独占】

 お笑いコンビ・空気階段のABEMA初の冠番組「空気階段ドキュメンタリーseason1『自腹100万円!クズの恩返し!』」(15日スタート・毎週金曜 後11:00)。クズ芸人して知られる空気階段の2人が、お世話になった人たちのもとを訪ねて、毎回自腹100万円を使って本気の恩返しをしていく。



【番組カット】札束を持って…苦しそうな表情を浮かべる空気階段



 初回放送に先駆け、「(1)土下座Ver」と「(2)鶴の恩返しVer」の2種の番組サムネイル画像が公開され、ORICON NEWS独占で撮影の舞台裏の写真が到着。今回は「(1)土下座Ver」をレポートする。



 午前9時入りでスタジオに到着した2人は、撮影に備えてそれぞれ着替えとメイクを行うことに。鈴木もぐらは楽屋に入ると、机の上に置かれていたおにぎりを手に取り朝食を開始。その後、メイク担当のスタッフとお酒について談笑しながら準備に。着替えの最後には、靴下を履くことに一苦労し、顔をしかめながらなんとか履き終えると、「靴下履くのが、一番つらいっすね…」と一言つぶやいて、一服しに喫煙所へ向かっていった。



 一方で水川かたまりは、独特な表情でヒゲ剃りを開始。メイクやヘアセットを終えると、撮影の中身を詳しく知らなかったかたまりは、スタッフに「今日何を撮るんでしたっけ…」と質問する。キービジュアルの撮影だと知ると笑いながら、「思ってたのと違う髪型になったので、何だろうと思いました…」と、いつもと違うふんわりしたヘアスタイルで再び準備を始めた。



 準備が整った2人は、まずは室内での撮影。小道具の札束を渡されたもぐらは、「本物ですか?」と質問し、「表面の1枚だけ本物です」と聞くと、1枚目のお札を触りながら、「本物はいいですねぇ」と笑顔に。カメラマンから「申し訳なさそうな気持ちと、感謝の気持ちを表情で…」という複雑なオーダーを受けながらも、さまざまな表情を見せ、室内での撮影をスムーズに終えた。



 続いて、屋外での撮影に移動。この日は晴天で春のように気温が高く、まぶしさで顔をしかめながらもカメラに笑顔を作る。撮影の合間に煙草を吸い始める場面もあり、「春だと思ったら夏ですね」と暑い中、額に汗をにじませながらの撮影となった。



 現在Twitterでは番組サムネバトルを実施中。リツイート数と視聴者投票の合計が多いほうが、正式な番組キービジュアルとなる。実施期間は4月8日午後6時まで。
カテゴリ