【2022年本屋大賞】逢坂冬馬氏『同志少女よ、敵を撃て』に決定 ソ連の女性狙撃手に迫ったデビュー作

【2022年本屋大賞】逢坂冬馬氏『同志少女よ、敵を撃て』に決定 ソ連の女性狙撃手に迫ったデビュー作

 全国の書店員が“今いちばん売りたい本”を決める『2022年本屋大賞』(本屋大賞実行委員会主催)の大賞作品が6日発表され、逢坂冬馬氏の『同志少女よ、敵を撃て』(早川書房)に決定した。



【写真】トロフィーを受け取る逢坂冬馬氏



 逢坂氏は、1985年埼玉県生まれ。 2008年国際学部国際学科卒業。2021年に『同志少女よ、敵を撃て』でデビューし、「第11回アガサ・クリスティー賞」大賞を受賞、「第166回直木賞」候補となる。本作は、第二次世界大戦時のソ連の女性狙撃手がヒロイン。女性だけで編成された狙撃小隊が見つめた生と死、戦争の悲惨さを描く。



 受賞のスピーチで逢坂氏は「このような素晴らしい賞をデビュー作も関わらず授けていただけたことは、感謝の気持ちでいっぱいです」と喜びをにじませる一方で、「私の心は、ロシアによるウクライナ侵略が始まった2月24日以降、深い絶望の淵にあります。このナチスによるポーランド侵攻、満州事変に匹敵する、むき出しによる覇権主義による戦争が始まったとき、私はこの無意味な戦争でウクライナの市民、兵士、あるいはロシアの兵士がどれだけの数だけ亡くなっていくのだろうと考え、また私自身が書いた小説に登場する主人公・セラフィマがこの光景をみたならば、どういう風に思うのだろうと考え、悲嘆に暮れました」と複雑な胸の内を明かしていた。



■2022年本屋大賞ノミネート10作

『赤と青とエスキース』青山美智子(PHP研究所)

『硝子の塔の殺人』知念実希人(実業之日本社)

『黒牢城』米沢穂信(KADOKAWA)

『残月記』小田雅久仁(双葉社)

『スモールワールズ』一穂ミチ(講談社)

『正欲』朝井リョウ(新潮社)

『同志少女よ、敵を撃て』逢坂冬馬(早川書房)

『星を掬う』町田その子(中央公論新社)

『夜が明ける』西加奈子(新潮社)

『六人の嘘つきな大学生』浅倉秋成(KADOKAWA)



■歴代大賞作品(書名、著者、出版社)

第1回:『博士の愛した数式』小川洋子(新潮社)

第2回:『夜のピクニック』恩田陸(新潮社)

第3回:『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』リリー・フランキー(扶桑社)

第4回:『一瞬の風になれ』佐藤多佳子(講談社)

第5回:『ゴールデンスランバー』伊坂幸太郎(新潮社)

第6回:『告白』湊かなえ(双葉社)

第7回:『天地明察』冲方丁(角川書店)

第8回:『謎解きはディナーのあとで』東川篤哉(小学館)

第9回:『舟を編む』三浦しをん(光文社)

第10回:『海賊とよばれた男』百田尚樹(講談社)

第11回:『村上海賊の娘』和田竜(新潮社)

第12回:『鹿の王』上橋菜穂子(KADOKAWA 角川書店)

第13回:『羊と鋼の森』宮下奈都(文藝春秋)

第14回:『蜜蜂と遠雷』恩田陸(幻冬舎)

第15回:『かがみの孤城』辻村深月(ポプラ社)

第16回:『そして、バトンは渡された』瀬尾まいこ(文藝春秋)

第17回:『流浪の月』凪良ゆう(東京創元社)

第18回:『52ヘルツのクジラたち』町田そのこ(中央公論新社)
カテゴリ