【カムカムエヴリバディ】タイトルバックに込められた仕掛け「3人の道がひとつに」

【カムカムエヴリバディ】タイトルバックに込められた仕掛け「3人の道がひとつに」

 俳優の上白石萌音、深津絵里、川栄李奈がヒロインを務める、NHK連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』(月~土 前8:00 総合/前 7:30 BSプレミアム・BS4K※土曜日は1週間の振り返り)。きょう7日放送の第111回では、タイトルバックにある仕掛けが施された。



【写真】ヒロイン3人が抱き合う…撮り下ろしビジュアル



 本作のタイトルバックでは、中盤から終盤にかけて3人の女性が歩いている道が3つに分かれていくが、きょうの放送では道がひとつになっていた。



 この仕掛けを発案したのは、コマドリストの竹内泰人氏とともにタイトルバックを制作した演出の深川貴志氏。「放送が進むなかで、タイトル制作の竹内さんとプロデューサーの増田(悠希)さんと『毎回オープニングをみてくださっている視聴者の皆さまに何か感謝の気持ちをあらわせないか』という話をしていました」と話す。



 一方で「“このドラマの中心でもある『つながり』を見事に表現したオープニングは変えないべきでは?”という気持ちもあり考えあぐねていた」とするも「3月15日に高瀬耕造アナウンサーの『オープニングの中で3世代、3人が並んで歩いている場面があるんですよね』というような発言を耳にしました。それを受け、3人が歩く道に焦点を当て、仕掛けを作り上げることにしました」と、スペシャルバージョンのタイトルバックを作ることとなった経緯を明かす。



 続けて「最後にお届けするオープニングは、その日の内容的にも、3人の道がひとつにつながってゆくような雰囲気を感じていただきたかった」と、今回のタイトルバックに込めた思いを語った。



 制作統括の堀之内礼二郎氏は「あのタイトルバックは、安子・るい・ひなたを直接的に描いているのではなく、多くの方々に自分の人生のように感じてほしいという願いをこめていました。3つに分かれていくカットには、普段は想像しないかもしれませんが、どんな人にもこれまで歩んできた人生があって、経験してきたことや紡いできた思いがその人の世界やその人自身を形作っているんだという、人生への賛歌のようなイメージを感じていました」と、本作のタイトルに込められた意味を話す。



 「それに対し、スペシャルバージョンのカットは、あの3人が初めて安子・るい・ひなたの3人に感じました。3人の道がひとつになるのをみて、家族がついにひとつになれたような思い、そして3人がひなたの道を歩けるようになったんだという、そんな感慨を感じました」とコメントを寄せた。
カテゴリ