【ANN0連続インタビュー】マヂカルラブリーの“遅延行為”ラジオ、2年目の目標は「エピソードトーク」

【ANN0連続インタビュー】マヂカルラブリーの“遅延行為”ラジオ、2年目の目標は「エピソードトーク」

 1967年10月2日の放送開始から今年10月で55周年を迎える深夜ラジオの代名詞・ニッポン放送『オールナイトニッポン(ANN)』。深夜3時から放送の『ANN0(ZERO)』は2012年4月からスタートし、アーティスト・芸人・俳優・タレント・アイドル・文化人など、幅広いジャンルのパーソナリティーが日替わりで担当し、22年4月に番組開始10周年を迎える。ORICON NEWSでは新シーズンの改編期に合わせて、月曜から金曜の5組にインタビューを敢行。木曜担当のマヂカルラブリーは、M-1王者としての激動の1年を駆け抜け、2年目もさらに加速していく。



【写真】キッズにガチ土下座するマヂラブ・野田クリスタル



■「ビビって最初に遅延行為をしまくるから、コーナーが1個しかできない(笑)」



――2人の脱線だらけのトーク、本当に面白いです。評判は届いていますか?



【村上】街で声をかけられるときは、たいがい「ラジオ聞いてます」ですね(笑)。



【野田クリスタル】面白いと言っていただくのですが、自分で何を話したのか覚えてないんです。一貫してないんですよね(笑)。



――『ANN0』2年目で、木曜深夜のラジオ生活も定着した?



【野田】ラジオは1週間の生活リズムになってきたけど、エピソードトークを考えるのはいつも直前ですね。「そういえば今日ラジオだから、なに話そうかな、なにかあったかな」って、自分の過去1週間のカレンダーを見て思い出して。



【村上】テレビは収録と放送にタイムラグがあるので、「あの番組は今週放送されたから、もう話せるな」とか確認して、ラジオで話しています。



【野田】プライベートはこの1年はほとんど無かったので、何かあったら全部話すという感じで(笑)。仕事ばっかりだったので、情報がないからエピソード探しはけっこう大変でした。ラジオをやってる芸人コンビは「ラジオがお互いの近況報告の場」と言ってますが、報告する近況がないんです。



【村上】何も起きてないから長尺の話がないので、それをなんとか引き伸ばすというか…。



【野田】遅延行為ですね(笑)。時計をチラチラ見ながら、「まだいける、まだいける」ってどんどん会話を伸ばして、そしたら関係ない話に勝手に広がってるという感じで。



【村上】寝過ごして遅刻したという話を、なんとか20分のトークにしようという動きです(笑)。それが膨らんでいくけど、無理やりに膨らませてるから形が良くない(笑)。



【野田】本当はコーナーを2個やりたいんだけど、ビビって最初に遅延しまくるから、結局は1個しかできない(笑)。この先もう少し仕事が落ち着いてきて、近況のエピソードを話せるようになってきたら、もっと楽しいラジオになるのかもしれないです。



■今年のゲスト候補は“村上の因縁の相手”



――放送終了が朝の5時近くなので、翌日の仕事が大変では?



【野田】翌日よりも当日のほうが大変かもしれない。木曜って『有吉の壁』とか『ラヴィット!』とか朝からの仕事が多くて、ラジオが終わるころには開放感で脳汁が出てます。



【村上】ラジオが終わってすぐに家に帰っても、意外と寝れないんですよ。体は疲れてるのに心がちょっと元気になってて。



【野田】仕事が終わったときが一番脳汁出てるので、疲れてるのに「このまま走って家に帰ろうかな」って思うくらいで(笑)。



【村上】ラジオを始めたばかりの頃は、次の日に早い仕事だと「キツイな」って思ったけど、もう慣れました。5時に家に帰ってきて、10時には家から出なきゃいけないのに、寝る前にYouTube見ちゃう余裕もできたり(笑)。



――1年前の番組開始時のインタビューでは、直前の『ANN』パーソナリティーのナインティナインさんと「もっと仲良くなりたい」と言ってましたが、実際には?



【野田】直前だと意外と会えないので、あまり距離感は近くなってないのですが、いつも「ナイナイさんがいるんだ」と肌で感じていますし、ナイナイさんも感じてくれていると思うので、いい関係です。



【村上】ナイナイさんとテレビのお仕事で一緒になったときも、「僕たちにつながりはあるんだぞ」と、勝手に心強さを感じています。



【野田】ゲストで来ていただいて話してみたい気持ちもありますが、自分たちが“よそ行き”になっちゃうかな。ゲストにはなんのプレッシャーも感じない人だけを呼んでるので、それを2年目も続けたいです。



――昨年度のゲストは、厚切りジェイソンさん、杉浦太陽さんなどトークで盛り上がった人が登場されました。今年呼んでみたい人は?



【野田】これまでは僕の因縁のある人を呼んでいたので、今年は村上の因縁の人を呼んでおかないと。お姉ちゃんです。



【村上】(小声で)呼ばないよ。



【野田】村上のお姉ちゃんにゲストに来ていただいて、仲直りなのか、ガチゲンカになるのか、見てみたいです。



【村上】お姉ちゃんはいないです。



【野田】このまえ村上のお姉ちゃんから靴下をもらったので、そのお礼も言いたいので。



【村上】あれは僕からのプレゼント。僕が買って「お姉ちゃんから」って言って渡しただけです。



【野田】意味が分かんないだろ(笑)。やっぱりスペシャルウィークで決着をつけないと。僕だって芸人になるきっかけだった辻ちゃんというデカい存在がいて、その旦那さんの杉浦さんと闘ったので、村上も匹敵するくらいの大きさはお姉ちゃんしかいないですから。



【村上】仕事で忙しいみたいです、はい。



■村上「大事な改編の時期になったら僕も三四郎の小宮さんみたいに…」



――最近の『ANN』は横のつながりも増えてきて、お二人も菅田将暉さんの『ANN』にご出演されました。今年出てみたい『ANN』は?



【村上】新しくフワちゃんが担当する月曜『ANN0』に出てみたいです。あの人のことをあんまりわかってないので、始まる前のテンションとか休憩中の感じとか、ブースがどういう状況なのか見てみたいし、興味があります。



【野田】僕はよそ行きになりたくないので、一番落ち着くのは三四郎だと思うので、ゲストに来てもらいたいです。より自然体になりすぎて聞いてられなくなるかもしれないけど、一番プレッシャーを感じないので。



――水曜『ANN0』の佐久間宣行さんは昨年11月、東京国際フォーラムでイベントを開催し、会場に5000人の観客プラス配信でも多くのチケットを販売し、大成功となりました。マヂラブさんもイベント開催を狙っていますか?



【野田】来年、再来年と続けられて、マヂカルラブリーがラジオをやっていることがもっと浸透したら、やってみたいと思います。三四郎はラジオのイメージがあるけど、僕たちはまだ“よそ者”なので。



【村上】メールを送ってくれる人数しかわからないので、実際のリスナーの人数がどのくらいいるのか、まだまだ不安ですね。



【野田】なので、続けさせていただけるのなら、僕らはまだまだ続けていきたいと思っています。



――今回の改編で火曜『ANN0』を担当していたCreepy Nutsさんが、菅田将暉さんの公認として月曜の『ANN』を担当することになりました。マヂラブさんもいずれは1時台の『ANN』を狙いますか?



【野田】1時に上がるとちゃんとしなきゃいけなそうだし、3時は眠いけどこっちのほうが居心地がいいんで、まだ『ANN0』で続けたいですね。



【村上】僕はそんなにこだわりはなくて、どちらでもありがたいです。とにかくラジオを続けるために、大事な改編の時期になったら僕も三四郎の小宮さんみたいに結婚発表するかもしれません(笑)。
カテゴリ