広瀬アリス、豪華メンバーに囲まれ大汗 緊急降壇して拭きに行き「カメラ撮らないで~」

広瀬アリス、豪華メンバーに囲まれ大汗 緊急降壇して拭きに行き「カメラ撮らないで~」

 俳優の志尊淳、広瀬アリス、声優の梶裕貴、畠中祐、千本木彩花、荒木哲郎監督が7日、都内で行われたオリジナルアニメーション映画『バブル』(劇場版:5月13日公開、NETFLIX版:4月28日世界配信)の完成披露イベントに参加した。



【動画】広瀬アリス、「汗拭きにいっていいですか?」猛ダッシュで舞台を降壇



 豪華なキャストに囲まれた広瀬は、作品の感想を語りながらも「すみません…。このメンバーがすばらしすぎて緊張しすぎて喉が締まりすぎてる。実はきょう、めちゃくちゃ大人しいんです…」と正直に告白。「冷や汗が止まらないくて、ごめんなさい…」と苦笑いで明かしていた。



 その後、ほかのキャストのトーク中に広瀬は「すみません…。汗ふきにいっていいですか?」とポツリ。ダッシュで壇上から降りると、無数のシャッター音に「カメラ撮らないで~」と照れまくりだったが、梶が「そうですよ! 僕を撮ってください!」とフォローした。数分後に壇上に戻ってくるとキャスト陣は「おかえりなさい」と迎え入れ、広瀬は「すみません…。どうぞお話ください…」と恐縮しきりだった。



 また、儚(はかな)いピュアなラブストーリーの話題では、広瀬は「中学生の時に片思いしている子がいて。結局、その子に話しかけられないまま、1年が過ぎて、そのまま終わった。スゴく切なくて…。でも、そのころの自分はピュアだった。好きだから故に勇気が出なくて話しかけられなかったのを思い出しました」としみじみ。さらに「あと今も切ないです…。すみません。ごめんなさい」と申し訳なさそうに話し、笑わせた。



 本作は、躍動感あふれるアクションが世界中で大きな話題となったアニメ『進撃の巨人』の荒木哲郎監督とWIT STUDIO、『君の名は。』『天気の子』の川村元気プロデューサーがタッグを組んで作り上げたオリジナル作品。

カテゴリ