千本木彩花、妄想姫な一面明かす「切羽詰まると」 自分でエール送る

千本木彩花、妄想姫な一面明かす「切羽詰まると」 自分でエール送る

 俳優の志尊淳、広瀬アリス、声優の梶裕貴、畠中祐、千本木彩花、荒木哲郎監督が7日、都内で行われたオリジナルアニメーション映画『バブル』(劇場版:5月13日公開、NETFLIX版:4月28日世界配信)の完成披露イベントに参加した。



【動画】千本木彩花”妄想姫”自分にエールを送ってしまう「がんばれ!」



 イベントでは作品の内容にかけて王子、姫な一面を明かすことに。畠中は「コンタクトよく取れる王子」だそうで「きょうも、移動している時に右目のコンタクトが取れそうになりまして、再度つけなおした」と告白。ただ「今、そうとう外れそうです。緊張でコンタクトって外れそうになるんだなと実感しています。代えがないので外れたら終わりです。多めにまばたきします」と明かして笑わせた。



 また、千本木は「妄想姫」という。理由は「自分の中の自分としゃべったり、独り言が多かったり…。けっこう、しゃべっちゃうんですよ。妄想もしていて」と明かし、照れる。「1人の時にしゃべって気づくんです。『今、スゴくしゃべっていた』って。仕事で忙しい時とか切羽詰まった時に自分に『頑張れ』って言ってみたり。そういうことを口に出して言っちゃいますね」と話していた。



 本作は、躍動感あふれるアクションが世界中で大きな話題となったアニメ『進撃の巨人』の荒木哲郎監督とWIT STUDIO、『君の名は。』『天気の子』の川村元気プロデューサーがタッグを組んで作り上げたオリジナル作品。

カテゴリ