【ナイナイANN 22年3月の怒鳴り】放送中にご飯を炊いた「炊きたて」、別れのさみしさを語った「ウソ」

【ナイナイANN 22年3月の怒鳴り】放送中にご飯を炊いた「炊きたて」、別れのさみしさを語った「ウソ」

 お笑いコンビ・ナインティナインがパーソナリティーを務める、ニッポン放送『ナインティナインのオールナイトニッポン(ANN)』(毎週木曜 深1:00)。オープニングトークのテーマにもつながる番組冒頭の“怒鳴り”(タイトルコール前の一言)が、2人の近況や歴史も垣間見えることから、ORICON NEWSではコンビとしての再出発を果たした一昨年5月から、1ヶ月ごとに「怒鳴り」とトークを振り返る企画を開始。22年の3月もコンビとしての近況を交えた「怒鳴り」が響いた。



【写真】ディレクターの合図をじっと待つ出川哲朗



 3日深夜放送の怒鳴りは「炊きたて」。前週の放送で「ごはん」の話題となり、岡村隆史が自身の家にある炊飯器には“早炊き機能”がないと断言。矢部浩之、スタッフ、リスナーから「そんなことありますか?」と疑われていたことを受け、この日の放送では、岡村が炊飯器を持参して登場した。「早炊き機能はありません!」と得意気に語る岡村だったが、早炊きにあたる「白米急速」の機能が搭載されていたことを知り、生放送中に炊飯を行う画期的な放送となった。



 10日深夜放送の怒鳴りは「ジャー」。引き続き「ごはん」の話題となったが、岡村が持参した炊飯器のメーカーから番組宛てに手紙が届く展開に。さらに、リスナーから山わさびの醤油漬けが送られてきたり、aikoからの内祝いが米だったことなども相まって、番組内で空前の米ブームが到来することになった。17日深夜放送の怒鳴りは「がんばろう」。岡村がユニクロで買い物をした際に、セルフレジでの会計を行ったと話したことをきっかけに、リスナーから機械系の弱さをツッコまれる流れとなった。



 24日深夜放送の怒鳴りは「7度目」で、直前に行われたサッカー日本代表がワールドカップ出場を決めたことを受けてのものとなった。岡村が現在の代表メンバーに関する知識がそこまで詳しくないため、茨木西高のサッカー部メンバーに例えるならと矢部に質問をして、ここから思い出話に花を咲かせるやり取りが見られた。3月31日深夜放送の怒鳴りは「ウソ」。4月1日がエイプリルフールであることにちなんでの怒鳴りだったが、オープニングトークでは、岡村が新大阪駅で顔見知りになった“タクシーをさばくおっちゃん”との別れを明かすと、矢部も子どもが幼稚園を卒園した後に、今まで送ってきた道をいかなくなったことへのさみしさを吐露していた。



■『ナイナイANN』2022年の“怒鳴り”一覧

1月…ことよろ、大量、あげる

2月…北北西、いってらっしゃい、おめでとうございます、サンドイッチ

3月…炊きたて、ジャー、がんばろう、7度目、ウソ
カテゴリ