大阪・立売堀に、本格生パスタ工房併設のカフェレストランがグランドオープン

大阪・立売堀に、本格生パスタ工房併設のカフェレストランがグランドオープン


4月21日(木)、リミックスの新規事業として、大阪・立売堀に本格生パスタ工房併設のカフェレストラン「PASTA+ En to En」がオープン。4月15日(金)には、招待制のオープニングレセプションを開催する。

“毎日立ち寄りたくなるお店”がコンセプト



「PASTA+ En to En」は、長年に渡りイタリアと縁のあるリミックス代表が未だまだ伝えきれていないフレッシュパスタの魅力をもっと広めたいという願いから誕生。


“毎日立ち寄りたくなるお店”をコンセプトに朝食からディナーまで営業し、イタリア自然派ワインやオーナーセレクトの食品が陳列されたショップコーナーを設け、コーヒーやマリトッツォなどはテイクアウトでも販売する。

店内奥のパスタ工房で製造



パスタは、店内奥の工房で、卵が入った麺に詰め物をしたトルテッリーニ、ラヴィオリなどイタリア製のパスタマシーン2台と、ハンドメイドをおり混ぜて製造。フレッシュパスタについては、卸の製造も予定している。

伝統的な製法で作られる自家製のパン



また、同店のパンは、リエヴィト マードレと呼ばれる自家培養天然酵母種で長時間低温発酵させてから焼く製法を採用。この製法で作られたパンは香りや風味だけでなく消化吸収が良いといわれている。


さらに同製法は、マリトッツォやパネットーネなどの伝統焼き菓子にも使われており、パネットーネはクリスマスシーズンに販売予定だ。

イタリア以外の食材は国産を優先


オリーブオイルは、2022年度ガンベロ ロッソ オリーブオイルガイド最高の評価を受けたテヌータ カヴァセッカのエクストラ バージン オリーブオイルをシチリアより輸入。イタリア以外の食材は国産を優先し、生産者とのつながりを築くことでサステナブルな道を模索している。

朝食からディナーまで楽しめるお店



メニューは、朝食はイタリア製のコーヒーマシーンを使ったカプチーノや、卵料理、マリトッツォなどを、ランチには、パスタ料理や無農薬野菜を使ったサラダ、スープなどを用意。


ティータイムには、ハイクオリティな原料を使用した自家製ケーキと、スペシャリティコーヒーや香り高い紅茶を楽しめるほか、


夕方にはイタリア流ちょい呑み“アペリティーボ”、ディナーには、ローマの郷土料理を初めとする料理とパスタ料理をワインとのペアリングで堪能できる。

日曜日にはブランチも販売されるので、あわせてチェックしてみて。

■PASTA+ En to En
住所:大阪府大阪市西区立売堀2丁目4-4 永端ビル1F
URL:https://www.pasta-entoen.net
営業時間:平日7時半~21時/日曜9時〜15時半 水曜日定休
カテゴリ