クラファン公開中!オリジナルべジブロス『飲む野菜ファースト』のWEB販売開始

クラファン公開中!オリジナルべジブロス『飲む野菜ファースト』のWEB販売開始


創業44年の業務用八百屋「つま正」が、のむことを目的としたオリジナルべジブロス『飲む野菜ファースト』のWEB販売を、6月1日(水)よりスタートする。

フードロス対策と持続可能な農業支援を目指す



『飲む野菜ファースト』は、8種の野菜を南足柄の名水「金太郎の力水」を使用してじっくりと煮込んだ、そのまま飲めるべジブロス。

業務用八百屋として自社でカット野菜の製造加工・販売も行っている「つま正」が、身近なところから取り組めるフードロス対策と持続可能な農業支援を目指し、横浜市内の大学とタッグを組んで、産学連携で商品開発に挑んだ。

カット後の野菜の葉・皮・茎を利用



今回、カット後の野菜の葉・皮・茎をふんだんに利用した、飲むためのオリジナルべジブロスを考案。

カラダに良いだけでなく、野菜そのものの素材の旨味を存分に引き出すため、日々味の調整を重ね、ついに商品化が実現する。

朝食に、食べ過ぎ飲みすぎたときの一食の代替に、ファスティング後の最初の一食に、スポーツ・キャンプなどのお供に、“たべる”ではなく、手軽に“のむ”野菜の味わい方を楽しもう。

クラウドファンディングも公開中!


また、4月1日(金)より、クラウドファンディングも公開中。ひと足早く、『飲む野菜ファースト』を試してみては。

GoodMorning:https://camp-fire.jp/goodmorning
プロジェクト名:“野菜・水・塩” 3種の素材にこだわったコク旨べジブロス 飲む野菜ファースト
カテゴリ