中目黒に新しくオープンした「Flour+Water」が気になる…!お花に囲まれた店内で、春の訪れを感じたいんです


新しいお店が次々と話題になる町、中目黒。そんなエリアに、新たな人気スポットが、3月24日(木)にオープンしました。



今回は中目黒のパン屋さん、「Flour+Water(フラワーアンドウォーター)」の魅力についてご紹介します。



春らしい店内とパンが、今の季節にぴったりで、ついつい足を運んでみたくなるはず…!



大きなドライフラワーが目を惹く「店内」



中目黒にある「Flour+Water」の内観

@d___helo / Instagram



フォトスポットとなっているのが、こちらのドライフラワー。おしゃれに光る店名と、柔らかな色のお花が、相性抜群なんです。



他にも、パンが並ぶカウンターの上にも、ドライフラワーが吊るされており、どこを切り取ってもおしゃれな内装に仕上がっています。



季節の「パン」もチェックしたい



中目黒にある「Flour+Water」のパン

@kimu_nkcell / Instagram



桜の塩漬けが入っている“桜のクロワッサン”は、口の中から春を感じることができる1品。ちょこんと真ん中に見える、かわいらしい桜の花びらも見どころですよ。



またこちらのお店は、クロワッサンが人気な三軒茶屋「Espresso D Works」の系列店。ここでも、絶品クロワッサンを一緒に楽しめちゃいます。



「マフィン」の映え度も100点



中目黒にある「Flour+Water」のマフィン

@marumo129 / Instagram



パンだけでなく、ぜひ「マフィン」にも注目を。クリームやフルーツが乗っており、ボリュームも満点なんですよ。



種類も豊富で、どれも見た目が魅力的なので、ついつい全種類食べたくなってしまいますよね。生地自体の甘さは控えめで、食材本来の甘さが楽しめるそうですよ。



盛り付けもかわいい「ケーキ」



中目黒にある「Flour+Water」のマフィン

@e.mu___ / Instagram



まるでアフタヌーンティーのような、3段に分かれたお皿に盛りつけられているケーキの数々。どの角度からも見やすく作られているからこそ、思わず手が伸びてしまいますよね。



ケーキの中には、最近SNSを中心に注目されている“キャロットケーキ”も販売されているそう。マフィン型のキャロットケーキはあまり見かけないので、ゲットしたいですね。



さりげない注目ポイント「紙袋」



中目黒にある「Flour+Water」の紙袋

@312piyo / Instagram



パンもマフィンも素敵な「Flour+Water」。実は、紙袋も注目したいポイントなんです。一見、パン屋さんの袋だとは思えないおしゃれなロゴが描かれており、なんだか持ち歩きたくなるようなデザインですよね。



パンをテイクアウトして、お散歩しながら持ち帰るのもいいかもしれません。



かわいさ溢れるパン屋の登場



店内も、商品も思わず目を惹くかわいさに一目ぼれしちゃいますよね。



ブランチタイムには、好きなパン4種類を選んで、セットにすることもできるんです。



店内でも、テイクアウトでも楽しめる、中目黒の新スポットで、素敵な1日を過ごしてみては?



Flour+Water

場所:東京都目黒区青葉台1-30-10

営業時間:9:00- パン販売 / 10:00- ブランチ / 14:00- アフタヌーンティー

定休日:月曜

公式Instagram:@flour_water.nakame





カテゴリ