「秩父宮みなとラグビーまつり」が3年ぶりに開催決定!リーグワン第14節も同日開催

「秩父宮みなとラグビーまつり」が3年ぶりに開催決定!リーグワン第14節も同日開催


港区ラグビーフットボール協会は、ラグビーを通じた地域交流フェスティバル「秩父宮みなとラグビーまつり2022 Supported by KOWA バンテリン(秩父宮みなとラグビーまつり)」を、4月24日(日)10:00~17:00に秩父宮ラグビー場周辺にて開催する。

老若男女がラグビーと親しめるイベント


ここ数年、新型コロナの影響で開催自体が中止となっていた「秩父宮みなとラグビーまつり」は、3年ぶり4回目の開催となる。

ラグビーは、今年1月に新たに「ジャパンラグビー リーグワン」が開幕し、各地で盛り上がりを見せている。「秩父宮みなとラグビーまつり」は、“聖地”秩父宮で、東京の港区だけにとどまらず、全国各地の地域、企業、チーム、人々をつなぎ、ラグビー文化の発展と定着を図ることを目的にしている。


今回は、ジャパンラグビーリーグワン第14節「東京サンゴリアス×ブラックラムズ東京」と同日開催を予定。また、秩父宮ラグビー場と周辺のスタジアム通りといちょう並木区道を活用した地域交流イベントでは、老若男女がラグビーと親しめる企画を多数ラインアップしている。

飲食店やグッズ販売など50のテントが登場



地域交流イベントには、リーグワン加盟チームや港区団体による様々な出店、地域食材を使ったフードコーナーなど、約50のテントが出展。ラグビー体験やパラスポーツ体験も行われる。


ステージでは、東京サンゴリアスの選手によるトークショーや、港区活動団体によるパフォーマンスなども行われ、1日中楽しむことができる。

リーグワン第14節と同日開催



同日の14:30には、東京サントリーサンゴリアス今シーズン最後のホストゲームが秩父宮ラグビー場にてキックオフ。当日は興和がマッチデースポンサーとなり、「バンテリンデー」として試合を盛り上げる。観戦チケットについては、東京サンゴリアスの公式サイトで確認を。

新時代を迎えてこれからますます期待と注目が高まるラグビー界。「秩父宮みなとラグビーまつり」で楽しい体験を通じてラグビーに触れてみては。

秩父宮みなとラグビーまつり公式サイト:http://chichibunomiya-minato-rugby-fes.jp/
観戦チケット購入ページ:https://www.suntory.co.jp/culture-sports/sungoliath/ticket/

■秩父宮ラグビー場
住所:東京都港区北青山2‐8‐35

※大雨や台風などの悪天候時には大会を中止する場合がある
※画像は2019年開催時のもの
カテゴリ