【ちむどんどん】第2回 いつもニコニコの母・優子が号泣 ネット衝撃「胸が締め付けられる」「心の傷も大きい」

【ちむどんどん】第2回 いつもニコニコの母・優子が号泣 ネット衝撃「胸が締め付けられる」「心の傷も大きい」

 女優の黒島結菜がヒロインを務める、NHK連続テレビ小説 『ちむどんどん』(月~土 前8:00 総合/前 7:30 BS4K・BSプレミアム※土曜日は1週間の振り返り)の第2回が12日、放送された。



【写真】東京のお菓子に心奪われる暢子



 本作は今年で本土復帰50年となる沖縄が舞台。ヒロイン・黒島結菜は、豊かな自然に恵まれた「やんばる地方」のサトウキビ農家の次女として育つ比嘉暢子(のぶこ)を演じる。物語は、本土復帰前の1960年代からスタート。本土復帰となった1972年に高校を卒業した暢子は、東京へ。レストランで修行に励む中、人生を変える人々との出会い、そして運命の恋。愛する沖縄料理に夢をかけるヒロインと強い絆で結ばれた4兄妹の笑いと涙の「家族」と「ふるさと」の物語が描かれる。



※以下、ネタバレあり

 1964年、まだアメリカ統治下だった沖縄。本島北部のやんばる地域が舞台。小学生の比嘉暢子(稲垣来泉)は美味しいものが大好きで、東京から来た転校生・青柳和彦(田中奏生)から、東京の美味しいものの話を聞きたくてたまらない。



 母(仲間由紀恵)と父(大森南朋)も共に、和彦の父・史彦(戸次重幸)との交際が始まるが、肝心の和彦はやんばるの暮らしが楽しくなさそうだ。暢子は何とか和彦の心を開かせようと試みるが…という第2回のストーリーだった。



 毎朝、朝日に向かって手を合わせてお祈りしている父・賢三(大森)。その理由を子どもたちに問われると「お願いしたいことと、謝らないといけないことがあるわけさ」と、多くは語らない。その後、東京から越してきた史彦たちがあいさつに訪れ、戦時中、陸軍の幹部候補生だったという史彦は「今でも時々申し訳なく思ってしまいます。生き残ってしまったこと…」。賢三も「自分も生きている限り、謝り続けないといけないと思ってます」と神妙な面持ちで語る。



 史彦が「私は子どもに、そのまた子どもに沖縄のことを語り継いでいく。それが生き残った私の使命です。戦争で焼け落ちる前の首里城は忘れられません。本当に美しかった」と話すと、優子は「うちは実家が那覇なんです」。青柳から「じゃあ、19年の空襲で?」と聞かれ、優子は「はい…」とうつむく。青柳は「すいません、立ち入ったことを」と謝り、すぐにその場を後にした。



 その夜、泣き声で目が覚めた暢子が見たのは、縁側で号泣する優子と、その肩を抱いて寄り添う賢三の姿。視聴者からは「まだ返還前の沖縄。戦後20年経ってないから心の傷も大きい」「胸が締め付けられる」などの声が寄せられている。
カテゴリ