レジデンシャル不動産を含む3社による「こども食堂応援プロジェクト」が始動!

レジデンシャル不動産を含む3社による「こども食堂応援プロジェクト」が始動!


「レジデンシャル不動産」「ファイアーレッズメディカルスポーツクラブ」「プロ野球BCリーグ埼玉武蔵ヒートベアーズ」が共同で、『こども食堂応援プロジェクト』を始動することを発表した。

子どもたちにスポーツのすばらしさを伝える


『こども食堂応援プロジェクト』の目的は、こども食堂を利用する子どもたちにスポーツの指導を行い、スポーツのすばらしさを伝えていくこと。

スポーツと教育を通して子どもたちの未来を切り拓くことを目指して活動する「ファイアーレッズメディカルスポーツクラブ」と、 地域振興・野球振興に注力する「埼玉武蔵ヒートベアーズ」、地域貢献の観点より、子ども食堂に寄付を行っている「レジデンシャル不動産」の3社が協働することで、将来を担う子どもたちを側面から支援していく企画となっている。

プロジェクトの今後の活動に期待!


開催された記者会見では、スポーツを教えることの意義についてについて質問がおよぶと、「ファイアーレッズメディカルスポーツクラブ」森理事長は、『子どもたちの遊び場提供であり、スポーツを始めるきっかけ作りになれば。』と発言。

「埼玉武蔵ヒートベアーズ」角晃多社長は、『地域に名指した球団を目指す球団として、地域でリーダーになれる人が育てば。』と答えた。

また、具体的にどのような活動を行っていくかという質問に対しては、「レジデンシャル不動産」内田廣輝代表取締役が、『ネーミングライツを取得したレジデンシャルスタジアム大宮で子ども食堂を利用する子どもたちに野球教室を開催したり、子ども食堂を訪問してスポーツに触れる時間を作りたい。』と発言している。

『こども食堂応援プロジェクト』の今後の活動に注目だ。
カテゴリ