RIP SLYME、3人体制で再出発 あす15日に5年半ぶり新曲配信、5ヶ月連続リリースも【独占コメントあり】

RIP SLYME、3人体制で再出発 あす15日に5年半ぶり新曲配信、5ヶ月連続リリースも【独占コメントあり】

 2018年10月より活動を休止していたヒップホップアーテイストのRIP SLYMEが、FUMIYA・RYO-Z・ILMARIの3人体制となって初となるニューシングル「Human Nature」を、あす15日に配信スタートする。約5年半ぶりとなるニューシングルリリースにあたり、RIP SLYMEからORICON NEWSに独占コメントが到着した。



【写真】約5年半ぶりとなるニュー・シングル 「Human Nature」



 RIP SLYMEは1994年に結成され、2001年メジャーデビュー。軽快なビートとラップ、あふれるアイデアとセンスで数多くのヒット曲を生み出した。2017年4月にSUが活動休止(その後脱退)、同9月にPESが脱退した後、2018年10月よりグループは活動休止に。しかし、3人体制での楽曲制作は続けていたという。2021年10月には所属事務所を退社し、3人はそれぞれ個人事務所を立ち上げ活動している。



 15日より配信される「Human Nature」は、FUMIYAのトラックとRYO-Z&ILMARIの2MCが絶妙にグルーヴする新体制第1弾となり、一発録りでレコーディングした。おもちゃ箱をひっくり返したような楽しさあふれるイントロに始まり、シンプルで軽快なトラックがRYO-Z、ILMARIの勢いあるラップの掛け合いを引き立てる。



 リリックには無気力な自分を気楽ながらも前向きな方向へと鼓舞させていく、ポジティブなメッセージが込められている。一度耳にすると忘れられない、かの名句を引用したキャッチーなパンチライン「ひねもすたりのたり」をはじめ、ヒップホップの生きる伝説ことクール・キース(ウルトラ・マグネティックMCs)「ポッパ・ラージ」を意識したり、プア・ライチャス・ティーチャーズやDA PUMPのネタを散りばめるなど、リップらしい遊び心全開の1曲が完成した。



 2MC1DJの新体制RIP SLYMEが届ける、スタイリッシュで軽快、楽しくも哲学的なアッパー・チューン。また本作を皮切りに、5ヶ月連続でのシングルリリースも決定している。



■RIP SLYME 独占コメント



――5年半ぶりに新曲をリリースする現在の心境。



5年半ぶりの新曲リリースですが、今の3人体制になってからも曲はずっと作り続けていました。

やっと発表出来るうれしさの反面、ヤキモキさせてしまったファンの皆にホントにお待たせしました、そして待っていてくれてありがとう、という思いです。

ライブを意識した楽曲をたくさん制作しているので、全国各地にお邪魔してライブもやっていきたいです!



――3人体制のRIP SLYMEの魅力。



とてもシンプルになった気がします。よりストレートに楽しんでいる3人を見せられると思います。



――5ヶ月連続リリースはどんな曲が控えているか。



ただただ酔いどれて踊り出したい曲だったり、ゲストを迎えた梅雨明けにジャストな曲だったり、エキゾチカな恋物語な曲なども。どうぞお楽しみに!
カテゴリ