倍賞千恵子主演、超高齢化社会を描いた映画『PLAN 75』カンヌ国際映画祭正式出品

倍賞千恵子主演、超高齢化社会を描いた映画『PLAN 75』カンヌ国際映画祭正式出品

 早川千絵の長編映画初監督作品『PLAN 75』(6月17日公開)が、現地時間5月17より開催される「第75回カンヌ国際映画祭」オフィシャルセレクション「ある視点」部門に正式出品されることが決定した。



【画像】コメント寄せた磯村勇斗、河合優実の劇中写真



 本作は、映画監督・是枝裕和が初めて総合監修を務めたオムニバス映画『十年 Ten Years Japan』の一篇「PLAN 75」の監督・脚本を手がけた早川が、新たに構築したオリジナル脚本、一新したキャストで長編映画化。超高齢化社会に対応すべく75歳以上が自ら生死を選択できる制度<プラン75>が施行され、その制度に大きく翻弄される人々の姿を描いた衝撃作。主人公・角谷(かくたに)ミチを倍賞千恵子が演じ、磯村勇斗、たかお鷹、河合優実、ステファニー・アリアン、大方斐紗子、串田和美らが共演している。



 日本人監督作品が「ある視点」部門に出品されたのは、2017年の黒沢清監督『散歩する侵略者』以来、5年ぶり。日本人女性監督としては、河瀬直美監督以来、2人目。また、本日4月14日に発表された作品の中では、本作が唯一、日本が製作をしている映画となる。



 先月授賞式が行われた「第94回アカデミー賞」国際長編映画賞に輝いた濱口竜介監督『ドライブ・マイ・カー』の快進撃は、昨年のカンヌ国際映画祭で日本映画初となる脚本賞を受賞したことから始まっており、本作も注目を集めそうだ。



 早川監督は、2014年に短編『ナイアガラ』にて「第70回カンヌ国際映画祭」シネフォンダシオン部門に入選、ぴあフィルムフェスティバル(グランプリ)、ソウル国際女性映画祭(グランプリ)、ウラジオストク国際映画祭(国際批評家連盟賞)など数々の受賞歴を持っており、本作も昨年のベネチア映画祭の企画マーケットではすでに注目を浴びていた。



 監督は「喜ばしい知らせを受け、この映画にあらゆる形で関わってくださった一人一人の顔が浮かびました。感謝の気持ちとともに、多くの方に見ていただける幸運をかみしめています」と、喜びと感謝を伝えている。



 主演を務めた倍賞は「早川監督、おめでとう。粘り強く頑張った甲斐がありましたね」と長編映画デビュー作となった早川監督へ祝福と共に労いの言葉を掛け、「この映画を通して『どう生きるか?』を考えるきっかけになればと願っています」とコメントを寄せた。



■コメント全文



●倍賞千恵子(角谷ミチ役)



早川監督、おめでとう。粘り強く頑張った甲斐がありましたね。

私も『PLAN 75』に出演できた事を嬉しく思っています。

この映画を通して「どう生きるか?」を考えるきっかけになればと願っています。



●磯村勇斗(岡部ヒロム役)



とても光栄であり喜ばしい限りです。

改めて、早川千絵監督の作品に、俳優部として参加させて頂けたことに感謝しています。

早川監督、本当におめでとうございます。

『PLAN 75』が国境を越え多くの方に届けられることがうれしいです。



●河合優実(成宮瑶子役)



この度は『PLAN 75』をすばらしい場所に選んでいただき、本当にありがとうございます。カンヌということばの響きは、今の自分が辿り着く場所としてあまりにも現実味がなく、このとてもよろこばしい報せを聞いた今もまだ実感がありません。

早川千絵監督と倍賞千恵子さんをはじめ、この映画に力を尽くしたすべての人が残そうとしたものが画面に誠実に映っていること、そしてこの映画が観る人の心と映画の世界に新しい扉を開くような作品になってゆくことを強く願っています。



●早川千絵(脚本・監督)



 喜ばしい知らせを受け、この映画にあらゆる形で関わってくださった一人一人の顔が浮かびました。感謝の気持ちとともに、多くの方に見ていただける幸運をかみしめています。
カテゴリ