是枝裕和監督『ベイビー・ブローカー』カンヌ国際映画祭コンペ出品決定

是枝裕和監督『ベイビー・ブローカー』カンヌ国際映画祭コンペ出品決定

 是枝裕和監督の最新作にして、初韓国映画となる『ベイビー・ブローカー』が、現地時間5月17より開催される「第75回カンヌ国際映画祭」コンペティション部門に正式出品されることが決定した。本作は “赤ちゃんポスト”に預けられた赤ん坊を巡り出会っていく人々が描かれるヒューマンドラマ。



【写真】パルムドールを受賞したときの是枝監督



 是枝監督作品がカンヌ国際映画祭のコンペティション部門に選出されるのは、最高賞のパルムドールを受賞した2018年の『万引き家族』から4年ぶり、6回目となる(カンヌ国際映画祭への出品自体は8回目)。これまで、04年『誰も知らない』では主演を務めた柳楽優弥が最優秀男優賞を受賞、13年『そして父になる』では審査員賞を受賞、『万引き家族』でパルムドール受賞という輝かしい実績を残している。



 さらに、是枝監督は19年ベネチア国際映画祭コンペティション部門でオープニングを飾った『真実』で海外の才能たちとの本格的なセッションに踏み出し、本作はそれに続く、韓国の製作・俳優陣と長年温めてきたオリジナル企画を映画化した初の韓国映画となる。



 本作の主演を務めるのは、20年「第92回アカデミー賞」作品賞を受賞した『パラサイト 半地下の家族』でも主演を務めたソン・ガンホ。パルムドール受賞監督とアカデミー賞作品賞の主演俳優のタッグは、カンヌに集う映画人たちの関心を呼ぶに違いない。



 是枝監督は「6回目だからといって嬉しくないかと言ったらそんなことはありません。異国での、言語や文化の違いを超えた今回の共同作業を高く評価していただけて、僕だけでなくスタッフ、キャスト皆が報われたとホッとしています。4年ぶりのカンヌ参加になりますが、コロナ禍だけではなく、世界が大きく揺れる時代に映画を作り続けること、そして、世界に届けることの意味を考える良い機会にしたいと思います」と、コメントしている。



 また、本作にはソン・ガンホのほか、『MASTER/マスター』のカン・ドンウォン、『空気人形』のペ・ドゥナ、“IU”としても活躍するイ・ジウンが出演。さらに、ドラマ『梨泰院クラス』で、主人公が経営する居酒屋の料理長マ・ヒョニ役を演じたイ・ジュヨンが出演していることも明らかになった。ペ・ドゥナとコンビを組んでブローカーたちを追うイ刑事を演じる。



■是枝裕和監督 カンヌ国際映画祭出品歴



『DISTANCE』 2001年第54回コンペティション部門

『誰も知らない』 2004年第57回コンペティション部門/★最優秀男優賞受賞(柳楽優弥)

『空気人形』 2009年第62回ある視点部門

『そして父になる』 2013年第66回コンペティション部門/★審査員賞受賞

『海街diary』 2015年第68回コンペティション部門

『海よりもまだ深く』 2016年第69回ある視点部門

『万引き家族』 2018年第71回コンペティション部門/★パルムドール受賞
カテゴリ