タカガールユニフォーム、2022デザイン決定 上林誠知選手&佐藤直樹選手が一足先に体験「一緒になって闘って」

タカガールユニフォーム、2022デザイン決定 上林誠知選手&佐藤直樹選手が一足先に体験「一緒になって闘って」

 福岡ソフトバンクホークスは15日、今季のタカガールユニフォームが「マーブリングカラーデザイン」に決定したことを発表した。選ばれたユニフォームは、6月11日、12日に福岡PayPayドームで開催する『タカガールデー2022』で、入場者全員に配布する(ビジター応援席は除く)。



【写真】タカガールユニを持ち笑顔の上林誠知選手&佐藤直樹選手



 2014年から開始し、今年で9回目となる「タカガールデー」。これまで“非日常”のエンターテインメントや、ワクワク感が楽しめる特別な空間を提供してきた。今年は「もっと!タカ鳴る」をコンセプトに、当日の演出や装飾をタカガール仕様に統一し、バルーンフォトスポットの設置やマーブリング模様のグルメ・グッズの展開など、より多くのファンがそれぞれの楽しみ方ができる非日常のひとときを提供する。



 イベントに先駆け、上林誠知選手と佐藤直樹選手が『タカガールデー』をイメージしたバルーンで装飾された空間で、グッズやグルメなどを一足早く体験。体験の様子は、ホークス公式YouTubeにて公開される。上林選手は「デザートがおいしかったので、ぜひたくさんの人に食べてほしいです。当日は球場がピンクに染まるので、選手もファンの皆さんも一緒になって闘っていきたい」とコメントし、佐藤選手は「グッズやグルメの色がピンクに統一されていてきれいだったし、甘いものが好きな方にはうれしいイベントになると思う。当日もスタンド全体が一色になり選手とファンの一体感を感じるので、試合の方もしっかり勝ちたいと思います」と約束していた。



 チケットは18日からホークスチケット購入サイト「タカチケット」にて会員先行抽選販売される。
カテゴリ