ハン・ソヒ&パク・ヒョンシク“同棲”終えてロングインタビュー到着 ドラマ『サウンドトラック #1』

ハン・ソヒ&パク・ヒョンシク“同棲”終えてロングインタビュー到着 ドラマ『サウンドトラック #1』

 韓国俳優ハン・ソヒとパク・ヒョンシクがW主演する『サウンドトラック #1』が、「Disney+」の新コンテンツブランド「スター」のオリジナルドラマとして独占配信中。13日に最終話(第4話)の配信か開始され、全話イッキ見ができるようになったところで、ハン・ソヒとパク・ヒョンシクからロングインタビューが届いた。



【動画】ハン・ソヒ&パク・ヒョンシクのロングインタビュー映像



 ハン・ソヒは、『マイネーム: 偽りと復讐』『わかっていても』『夫婦の世界』などで活躍。対して、パク・ヒョンシクも『ハピネス』『SUITS/スーツ~運命の選択~』『力の強い女 ト・ボンスン』など、人気作に多数出演してきた。



 今作は、“片思いの曲”を作るため、2週間一つ屋根の下で生活することになった19年来の親友、シンガーソングライターのウンス(ハン・ソヒ)と新人カメラマン・ソヌ(パク・ヒョンシク)を描く、全4話のミュジック・ラブストーリー。『ヴィンチェンツォ』のキム・ヒウォン監督がメガホンをとった。



 到着したロングインタビューでは、ハン・ソヒとパク・ヒョンシクが「日本のみなさん、こんにちは」と声をそろえて呼びかけ、お互いの第一印象や、似ている点、撮影現場の様子、それぞれの役についてまで、たっぷりと語っている。



■『サウンドトラック #1』あらすじ

穏やかで温厚なカメラマンのソヌと、活発でストレートな作詞家のウンスは19年来の親友だった。ある日、有名な作曲家から作詞依頼を受けたウンスだったが、彼女の書いた詩には切ない片思いの感情が感じられないとダメ出しされてしまう。それをいつものように親友のウンスに愚痴るうちに、ソヌが誰かに片思いをしていることを知る。ソヌの話に夢中になったウンスは、今回の作詞オファーのチャンスを逃したくない一心で、「うちに一緒に住みながら片思いを綴る作詞作業を手伝って欲しい」とソヌに持ちかける。そして始まった2週間限定の二人の共同生活。同じ空間で長い時間を共に過ごし、互いの日々の思いを歌詞にしていくうちに、いつしか二人の間の友情と恋の境界線が曖昧になっていることに気づく。

カテゴリ