お米を楽しむマルモキッチンに「ごはんバーガー」「海鮮だし茶漬け」が新登場!

お米を楽しむマルモキッチンに「ごはんバーガー」「海鮮だし茶漬け」が新登場!


お米を美味しく、楽しく食べよう!がテーマの、体にやさしいどんぶり&カフェ「マルモキッチン」のメニューがリニューアル!

同店ではどんぶりメニューを中心に展開しているが、新メニューとして「ごはんバーガー」と「海鮮だし茶漬け」が加わった。手でかぶりつく豪快な「ごはんバーガー」、だし茶漬け専門店を運営するBYOがこだわりの出汁で作る「だし茶漬け」、そしてこれまでのどんぶりにも新たなメニューが加わり、その日の気分に合わせてお米ライフを楽しめるようになった。

「ごはんバーガー」はテイクアクトも可能なので、暖かな春の陽気を感じるおでかけのお供にもぴったりだ。

ごはんバーガー



「ごはんバーガー」には、「ローストビーフのチーズソース」1,250円、「スパイシーチキン」980円、「フィレオサーモンの明太タルタル」1,100円、「牛焼肉ビビン」1,050円がラインナップ。全てに、野菜を食べる豚汁、フライドポテト、甘味がつく。

「マルモキッチン」のごはんメニュー(だし茶漬け除く)には、どのメニューにも、無添加味噌を使用した具沢山の豚汁がついてくる。今回新登場の「ごはんバーガー」にも、こだわりの豚汁がセットになっている。

昆布、いりこ、かつお節で丁寧に出汁をとり、たっぷりの野菜と豚バラのコクがきいた豚汁は、食べ応えも十分な大きなお椀で提供している。

海鮮だし茶漬け


昆布といりこ、三種の節に鶏ガラスープを合わせたことでより深みをだした自慢の黄金出汁。だし茶漬けの専門店の本気の味は、体に沁みる優しさだ。


「だし茶漬け」には、「鮪と4種野菜のだし茶漬け」1,180円、「真鯛の胡麻ダレだし茶漬け」1,150円、「明太子と釜揚げしらすのだし茶漬け」1,100円、「サーモンといくらのだし茶漬け」1,200円がラインナップしている。

クロワッサン+マフィンのハイブリッドスイーツも


そのほか、ハイブリッドスイーツ「クロフィン」も新登場。「クロフィン」という不思議な名前の由来は「クロワッサン+マフィン」の造語。クロワッサン生地をマフィン型に流して焼き上げた新感覚スイーツだ。さくさく「クロフィン」にたっぷりクリームを添えた3種類を用意している。


ラインナップは、「苺とカステラ黒蜜ソース」750円、「お芋とほうじ茶」720円、「抹茶と香ばし胡桃のチョコソース」680円。少しだけ食べたいという人向けに、ハーフサイズもある。

販売店舗は、池袋パルコ店、ルミネエスト新宿店、ルミネ横浜店、名古屋パルコ店、阪急梅田店、グランフロント大阪店、 KITTE博多店。

この機会に、「マルモキッチン」の新メニューをためしてみては。

マルモキッチン公式サイト:https://byo.co.jp/marumo-kitchen/
カテゴリ