「イノベーションEXPO2022春」にて『題名のないAI絵画展』が出展

「イノベーションEXPO2022春」にて『題名のないAI絵画展』が出展


クリエイターズネクストは、4月22日(金)~24日(日)の期間、羽田みらい開発が開催するイベント「イノベーションEXPO2022春」にて『題名のないAI絵画展』を出展する。

『題名のないAI絵画展』


同絵画展では、AIの技術を使って描かれた絵画作品が多数展示される。

会場の参加者が考えたテーマをもとに、AIが絵を描く様子を観覧するライブペインティングや、プロデューサーの窪田望氏と、NFTアート、DXの専門家との対談なども開催予定だ。

創造力を拡張してくれるAIの可能性


将来、人間の仕事を奪うことを懸念されることもあるAIだが、人間の創造力を拡張してくれるAIの素晴らしさを伝えることが同絵画展のコンセプトだという。

展示されている作品には題名がつけられていない。固定観念や知覚、身体的な限界を持たないAIは、何をテーマに、この作品を描いたのか?観覧者の人々には、絵画の題名を考えながら作品を鑑賞することで、創造力を拡張してくれるAIの可能性を感じられる絵画展だ。

『3つのAI』による創作プロセスも鑑賞



作品を創るために「①言葉から絵画を探し出すAI」「②絵画を生成するAI」「③その絵画の良さを審査するAI」の3つが使われている。これらのAIは、戦うかのように作用しながら習作を行い、作業を繰り返しながら徐々に作品を完成させていく。

同個展では、そのAIによる創作プロセスについても映像化して展示される。ライブペインティングセッションでは、参加者が考えたテーマをもとに、AIが作品を創る。

窪⽥望氏について



窪⽥望(くぼた のぞむ)氏は、クリエイターズネクスト代表取締役、大正大学の招聘教授、デジタルハリウッド大学大学院の客員准教授だ。

米国NY州生まれ、慶應義塾大学総合政策学部卒業。15歳の時に初めてプログラミング開発を行い、ユーザージェネレーテッドメディアを構築。大学在学中の19歳の時に起業し、現在17年目となる。2019年、2020年には4万5000名の中から日本一のウェブ解析士(Best of the Best)として2年連続で選出され、2021年には初の殿堂入りを果たした。

「イノベーションEXPO2022春」に足を運んで、人間の創造力を拡張するAIの可能性を体験してみて。

■イノベーションEXPO2022春
日程:4月22日(金)11:00~17:00、23日(土)・24日(日)10:00~17:00
場所:羽田イノベーションシティ HICity square café/bar
公式HP:https://haneda-innovation-city.com/
カテゴリ