“紀土”を醸す平和酒造が、東京日本橋・兜町に「どぶろく醸造所」をオープン

“紀土”を醸す平和酒造が、東京日本橋・兜町に「どぶろく醸造所」をオープン


和歌山県で日本酒「紀土」を醸す酒蔵「平和酒造」が、東京日本橋・兜町にて「平和どぶろく兜町醸造所」を6月に開設!開設を記念し、応援購入サービス「Makuake」での掲載が、4月11日(月)よりスタートした。

IWCチャンピオンの「平和酒造」



和歌山県海南市にある「平和酒造」は、多くの人に愛される日本酒「紀土」や、リキュール「鶴梅」、クラフトビール「平和クラフト」を醸造。


2020年には、世界で最も権威あるコンペティションとも言われる『IWC(インターナショナルワインチャレンジ)』で、「紀土 無量山 純米吟醸」が全出品酒1401点の中から頂点であるチャンピオンサケに輝き、対外的にも高い評価を得た。

そんな「平和酒造」が次に挑むのが「どぶろく」醸造だ。

醸造家たちが自ら店舗に立つ



「平和どぶろく兜町醸造所」を構えるのは、木材を多数使用しながら現代的な建築に落とし込んだスタイリッシュな建物「KITOKI」の1階。


その場で醸造したできたてのどぶろくを楽しめるのはもちろん、和歌山の名産品をふんだんに使用したバーフードも販売される。

さらに、杜氏をはじめとする醸造家たちが自ら店舗に立ち、お酒の魅力や至極のペアリング、ここでしか聞けない製造秘話をたっぷりと伝えてくれるのも魅力だ。

リターンは限定商品やイベントなど


そして今回、このプロジェクトをより多くの人に知ってもらうため、アタラシイものや体験の応援購⼊サービス「Makuake」にてプロジェクトを掲載。

390本限定の「開設記念1年熟成どぶろく」や、プレオープン期間中に入店できる権利、イベント開催など、Makuake応援者のみが体験できる特別なプランをリターンとして用意している。

醸造所の開設は6月17日(金)



「平和どぶろく兜町醸造所」の開設は、6月17日(金)を予定。日本のものづくりの温かみと自然との調和を感じる、リラックスできる空間で、ゆっくりとお酒を楽しんでみては。

■平和どぶろく兜町醸造所
住所:東京都中央区日本橋兜町8番11号
営業時間:13:00~22:00

Makuake:https://www.makuake.com/
プロジェクト名:IWCチャンピオンの酒蔵がどぶろくブルワリーパブ開設!記念どぶろくを限定販売!
カテゴリ