「おためし暮らし」プロジェクト第2期が、高島市・南丹市・丹波篠山市にてスタート

「おためし暮らし」プロジェクト第2期が、高島市・南丹市・丹波篠山市にてスタート


西日本旅客鉄道は、沿線自治体をはじめとした地域の人々との協働により、西日本エリアの活性化に向けた取り組みとして、2021年6月より「おためし暮らし」プロジェクトを開始。第1期の体験者の声をもとにサービスを改善しながら、6月より、第2期目をスタートする。

「おためし暮らし」プロジェクト第2期開始


2021年度は、新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い、テレワーク制度を定着させた民間企業も多くあった。


その中で、「テレワークと、ときどき出社」を組み合わせながら、都市部オフィスと郊外のスローライフを往復するスタイルを同施策で体験してもらうことで、さまざまな気づきがあったそう。


第2期も引き続き、兵庫県丹波篠山市、京都府南丹市、滋賀県高島市と地域性の異なる3つのエリアとJR西日本が連携し、魅力的なおためし暮らし環境を提供していく。

参加期間は「短期」と「長期」を用意


「おためし暮らし」プロジェクト第2期の応募対象となるのは、指定の京阪神エリア都市部(※1)へ鉄道で通勤する人を含む家族(※2)。


参加期間は、「短期」が6月1日(水)~2023年3月31日(金)のうち1~3カ月間、「長期」が同期間のうち6~10カ月間での月単位となっている。なお、短期と長期で、選べるおためし住宅が異なる。

募集期間は4月14日(木)~26日(火)で、長期物件<南丹①②>の〆切は5月9日(月)。追加物件や空き枠のある物件については、2次募集も予定している。


応募手続きの流れや、各種支援策の詳細は、公式HPにて確認を。

4月19日(火)にオンライン説明会開催


また、4月19日(火)18:30~20:00には、昨年度のおためし暮らし体験者の声も聴けるオンライン説明会を予定。

応募を悩んでいる人や、各地域の特色を知りたい人、担当者や体験者へ直接質問をしてみたい人は、開催概要を確認の上、申し込んでみて。

公式HP:https://www.westjr.co.jp/life/living/otameshi_life/
公式Facebook:https://www.facebook.com/otameshi.gurashi.westjr/
オンライン説明会:https://otameshi-gurashi-2.peatix.com

※1 京都市・大阪市・神戸市内 及び 京都線・神戸線の各駅
※2 短期物件<南丹④>は単身者も募集対象
カテゴリ