インセクト・マイクロエージェンシーが寺のIT化をサポートするサービスを販売開始

インセクト・マイクロエージェンシーが寺のIT化をサポートするサービスを販売開始


デジタルサイネージの導入支援や配信システムの開発を行うインセクト・マイクロエージェンシーは、寺のIT化をサポートするサービスをスタートした。

三密を回避した法要ができる「オンライン法要システム」や、法話をサポートする「法話の資料表示システム」など、コロナ禍において必要とされる寺のDXをサポートしていくという。

「オンライン法要システム」



法要などの行事の際には、100人を超える人々が本堂に訪れることもあるため、“三密を回避し安心安全な行事を実現したい”という、神奈川県茅ヶ崎市の上正寺の要望で「オンライン法要システム」が導入された。

本堂で行われる行事の様子を敷地内にある別館でライブ中継することで、“本堂には入れない車椅子の人や、高齢の人も参加できるようになり、今まで諦めていた人も参加できるようになった”との声が寄せられている。

法話の補助資料や故人の思い出を表示


茨城県小美玉市の寺に導入された「法話の資料表示システム」は、タッチ式ディスプレイに画像や映像を表示し、法話を視覚的にサポート。また、法事の際に故人との思い出の写真を表示する際にも利用されている。

デジタルツールを活用することで、今までとは異なる檀家とのコミュニケーションが可能となった。

豊富なIT経験とノウハウを活用し、寺のDXをサポートするインセクト・マイクロエージェンシーのサービスをチェックしてみては。

インセクト・マイクロエージェンシー:https://insect01.com/
カテゴリ