「スター・ウォーズの日」3年ぶりリアルイベント開催決定 『シスの復讐』上映

「スター・ウォーズの日」3年ぶりリアルイベント開催決定 『シスの復讐』上映

 毎年5月4日は、映画『スター・ウォーズ』の世界中のファンが、スター・ウォーズの文化を祝い、映画を楽しむ日「スター・ウォーズの日」。今年は3年ぶりのリアルイベントとなる『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』の特別上映イベントが開催されることが決定。本日(4月18日)よりこの特別上映イベントへの参加者の募集を開始した(抽選で200名を招待)。



【画像】今年の限定デザイン商品の一例



 「スター・ウォーズの日」は、劇中の名台詞 “May the Force be with you.”(フォースと共にあらんことを。)の“May the Force” と“May the 4th”(5月4日)の語呂合わせが由来。



 1977年にジョージ・ルーカス監督による映画『スター・ウォーズ』が全米公開されてから45年を経て、今も世界中で愛され、世代を超えて人々をつなぐ物語となっている。「スター・ウォーズ」の世界では、新たな物語、新たな商品、経験が生み出されているが、今年は5月27日より動画配信サービス「Disney+(ディズニープラス)」で新たなドラマシリーズ『オビ=ワン・ケノービ』の配信を控えている。



 『オビ=ワン・ケノービ』は、『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』 から10年後の物語。これを記念して、特別ゲストを招き、スター・ウォーズファンとともに『エピソード3 /シスの復讐』を劇場で鑑賞する特別上映イベントを、東京・TOHO シネマズ 六本木ヒルズで開催する。毎年恒例5月4日午後5時4分には、「May the Force be with you.」のせりふと共に、全国のファンと気持ちをひとつにしてお祝いする。



 昨年に引き続き、日本全国どこからでも「スター・ウォーズの日」を楽しめる、オンライン配信番組「みんなのスター・ウォーズの日~ May The Force Be With You !」の配信も決定。2部構成となる番組では、スター・ウォーズ好きのゲストを招いて、年に一度の「スター・ウォーズの日」のさまざまな楽しみ方を伝えていく。キャラクターやビークルにフォーカスしたコーナーや、『オビ=ワン・ケノービ』の見どころも解説する。



 第2部では、上記特別上映イベントと中継をつなぎ、トークステージのライブ配信も実施する予定(劇場上映の『エピソード3/シスの復讐』本編は配信番組に含まれない)。



 このほか、2022年限定デザインTシャツなどの限定商品を「shopDisney(ショップディズニー) D-Made」で販売。4月24日までに注文するとイベ ント当日の5月4日までに手元に届く。



 さまざまな形で「スター・ウォーズの日」を楽しみ、希望とフォースをチャージしよう。



■『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』特別上映イベント

https://cp.cinecon.jp/sw/mt4/



■「スター・ウォーズの日2022」詳細(公式ティザーサイト)https://starwars.disney.co.jp/mt4.html
カテゴリ