フジ『ここにタイトルを入力』2回目も画期的な仕掛け フワちゃんロケ番組を「撮影データなし」でなんとかする【一部ネタバレあり】

フジ『ここにタイトルを入力』2回目も画期的な仕掛け フワちゃんロケ番組を「撮影データなし」でなんとかする【一部ネタバレあり】

 フジテレビが月曜深夜に新設した“月曜PLUS”枠(毎週月曜 深0:25 ※初回は0時55分)の第1作『ここにタイトルを入力』。11日深夜放送では、バイきんぐ・小峠英二が左半分のみが画面に映された不思議な光景でスタートし、その理由が後半になるにつれて判明する斬新な仕掛けで、視聴者の度肝を抜いたが、18日深夜放送の「フワちゃんの浅草のんびりツアー」でも、その演出は健在だった(※以下、ネタバレを含む表現があります)。



【番組カット】放送を見たら意味がわかる…フワちゃんロケ番組の謎アングル



 『ここにタイトルを入力』は昨年11月と12月に深夜のチャレンジ枠『水曜NEXT!』で放送されたバラエティー番組で、“収録済みのひな壇と、リアルタイムのMCの掛け合い”“番組放送中に視聴者の意見を反映”など、あまりにもカオスな番組内容に放送終了後SNS上では「意味わからないな」「シュール!」「狂気を感じる」などのコメントが続出した。



 同局の「フワちゃんの浅草のんびりツアー」の放送内容を見てみると「フワちゃんが浅草で街ぶらロケを敢行! 今や、おじいちゃんおばあちゃん、外国人観光客だけでなく女子高生にとっても注目の観光スポットとなっている『浅草』の最新スポット&グルメを紹介! 道中、“大物歌手”美川憲一や浅草芸人の代表格ナイツも加わり、浅草の定番スポットや見た事のない風景に触れながら、いつものフワちゃんのペースに巻き込まれ、ゲストも浅草の街もパニックに!?」との文字が並んでいる。



 ところが、番組は収録をすでに終えたフワちゃんのもとに、スタッフがやって来るところからスタート。「撮影したデータが全部なくなってしまったのですが、頑張ってなんとかした」との説明に、フワちゃんが「大丈夫なの?」と心配する中、撮影した素材がないものをなんとかした前代未聞の“ロケ番組”がスタートした。



 実際に見てみると、スタッフがフワちゃんに説明していた言葉に偽りはなく、撮影データがない中で、スタッフがいろんなことを駆使して、番組を成立させようとする試みが明らかに。美川憲一、ナイツといったゲスト陣も「データがない」ため、結果的にぜいたくな使い方に振り切った形となった。初回、2回目と、テレビという枠組みを逆手に取った演出で話題を誘った『ここにタイトルを入力』。次回以降にも、どんな仕掛けが待っているか注目が集まる。



 番組の模様は「FOD」および「TVer」で配信されている。
カテゴリ