【Paradox Live】悪漢奴等・矢野奨吾×1Nm8・千葉翔也 「あざとい」or「狙わない」愛すべき“末っ子キャラ”の魅力

【Paradox Live】悪漢奴等・矢野奨吾×1Nm8・千葉翔也 「あざとい」or「狙わない」愛すべき“末っ子キャラ”の魅力

 HIPHOPメディアミックスプロジェクト「Paradox Live(パラドックスライブ・通称パラライ)」の最新CD作品『Paradox Live Opening Show-Road to Legend-』が3月30日に発売された。既存チーム【BAE】【The Cat's Whiskers】【cozmez】【悪漢奴等】に加え、【VISTY】【AMPRULE】【1Nm8】【獄Luck】の4チームが新たに参戦。ORICON NEWSでは、既存チームと新チームのキャスト対談を全4回にわたって実施し、新たなバトルへと突入する“パラライ”の魅力を動画インタビューとともに紹介していく。



【動画】【Paradox Live】矢野奨吾×千葉翔也クロストーク



 第3回に登場するのは悪漢奴等(あかんやつら)の「円山 玲央(まるやま・れお)」役を務める矢野奨吾と、新チーム・1Nm8(インメイト)の「ロクタ」役、千葉翔也。固い結束を誇るギャング5人組の悪漢奴等と“圧倒的天才”が率いる正体不明の3人組

ユニットの1Nm8、グループの毛色は異なれど、そのなかで共に“末っ子”的ポジションのキャラクターを演じる2人のクロストークが実現した。



――『パラライ』初参戦の千葉さんが担当される「ロクタ」というキャラクターは特殊な過去や生い立ちを持っていそうです。役や楽曲の表現にどんな展望・心境で臨まれたのでしょうか



【千葉】パラライのオーディションに参加する際、ロクタは「記憶がないためにとても無邪気な性格」というキャラクター性がわかった時点で、僕は「自分のなかで成立していれば、わりと何をやってもキャラとして成立するのではないか」と思ったんです。(オーディションでも)思いのままというか、ぶっ飛んだ感じでやってみたのですが、現場の(スタッフの)皆さんも「そうなるとは思いませんでした! 面白いですね」と言っていただけて。そうして縁があっていただけた役なんです。



ロクタは記憶がなくて無邪気でありながら、からだが大きくて怪力というところがあるのですが、1Nm8のメンバーたちと暮らしているので、彼らへの懐き方は年齢感などをあまり意識せず、兄弟やお父さん、お母さんに対するのと同じくらいの距離感でやっていますね。



――続いて矢野さんから、新加入の千葉さんに「パラライのここがアツい」という推しポイントを紹介してください。



【矢野】楽曲がハイクオリティーなのはもちろんなんですが、ボイスドラマと曲の連動性が面白い。ドラマは毎回バトルのテーマに基づいた楽曲で戦うんですけど、テーマに即した楽曲を知ることによって、キャラクターもユニットも新しい一面がアップデートされるので、聴いてくださっている皆さんに毎回飽きることなくキャラクターを好きになってもらえるところが魅力ですね。



【千葉】悪漢奴等は、(ヘッズのことを)「6人目の『悪漢奴等』」って言うじゃないですか。歌詞にもあるし、“筋が通ってる”感がいいですよね!



【矢野】めちゃくちゃ良いこと言ってくれる! (パラライのキャラクターは)根底に皆トラウマを抱えていて、そこからラップというものでバトルしてNo.1になって、そこから何を求めるかというのはそれぞれなんだけど、そういう背景があってこそのリリックだったりするので、とても意味のある言葉ですね。



――千葉さんはどうラップを練習・習得されたのですか?



【千葉】曲がめちゃくちゃ良いなと最初から思えたので、練習はまったく苦じゃなかったんですけど、一方で曲が良い分、キャラ感を出しつつ、キレも良くっていうのがなかなか手こずった部分でした。(御山)京が天才っていうポジションでいて、スタイリッシュさは(京が)もう担っているから、どうロクタは色を出したら良いのかという部分もあるんですが…、一体感も出さなきゃいけないから、そのあたりが他のキャラクターソングとはぜんぜんチャレンジの仕方が違ったかなと思います。



なんというか、「(1Nm8は)こういう声質でやればそれがヒップホップです、みたいなのが一切ないというか。僕の勝手な印象ではヒップホップって、例えば(声質が)ハスキーだったらよりインパクトが生まれてカッコいいのかな、というイメージがあったんですけど、ロクタは全くそうじゃない喋り方をしているし、喋りのままやると全然カッコよくならないから、何が正解なんだろうと思いながら試行錯誤しましたね。



【矢野】英語(の歌詞表現)めちゃくちゃシビアでしょ?



【千葉】やっぱりそうなんだ。



【矢野】全体曲(Rap Guerrilla -Paradox Live All ARTISTS-)で英語の部分があるんだけど、めちゃくちゃリテイクしたし、発音確認もすごいさせてもらって、でも玲央っぽさを残さないといけなかった。あの表現は独特だよね。



――円山玲央とロクタは、人懐っこくて愛されキャラな点が共通しているかと思います。玲央とロクタ、それぞれの「ここがかわいいんだよ!」という魅力を教えてください。



【矢野】そうですね。玲央は小悪魔的であざとかわいい感じがフィーチャーされがちなんですけど、僕は何よりも「末っ子気質」なところが好きで。悪漢奴等のなかでもやっぱり“末っ子”なんですよ。で、僕の思う末っ子のリアルをすべて体現していて、意地悪だったりやんちゃな発言・行動が多いけど、それは仲が良いからこそ軽口が叩けるのであって、愛情表現の裏返し。一方でお兄さん方にはしっかり話をきいたり、冷静に周囲を見ることができたり、知らない人に対しても距離の詰め方をある程度心得ているような。



行くところは行くんだけど、空気が読める、人の顔色をうかがうことができる、というのが、あざとかわいさの真裏にある部分の対比としてすごく人間に深みを与えている要素で、一番好き。だからこそ、あざとかわいさが活きるし、何やってもみんなに愛されるんだろうなと。



【千葉】記憶がないというのもあるんですけど、(自分の性格について)一切自覚がないんです。「唐揚げ」が大好きなんですけど、唐揚げへの熱意も半端じゃなくて、自分だけ大きいのを作ろうとしたり、とにかくたくさん食べたりしようとするんですけど、それが一切かわいさを狙ってやってないんです。本当にみんなと食べるのがうれしくてしょうがないだけ、みたいな。全てを陽の感情でやっているから、あざとさが無い。



あざとさゼロのかわいいキャラクターって意外と少ない気がしていて、だからこそ一緒に暮らしている2人も思わず世話を焼いてしまったり、もしくは聴いてくださっている方にも魅力が伝わっていくんじゃないかと思います。



――悪漢奴等と1Nm8、発表された新曲の聴きどころを教えてください。



【矢野】悪漢奴等に関しては、彼ららしいお祭り騒ぎのノリみたいなのは最初から何も変わっていなくて。前回のバトルでは4チーム中3位という形で終わったので、今度こそNo.1とりにいこうという強いメッセージと信念がある楽曲です。さっきちばしょー(千葉)も言ってくれたけど、「6人目の『悪漢奴等』」が聴いてくださる皆さんのことなんです。悪漢奴等もファミリーだけど、聴いてくださる方もファミリーとして一緒にNo.1を取りに行こう、という思いをまっすぐな歌詞とバイブスに乗せて伝えるというのが悪漢奴等の最大の武器だと思います。



【千葉】1Nm8はほかのチームと信念の置きどころがやや異なっていて、まず「幻影ライブ」について「勝ったら終わらせよう」と(言っている)。彼らがなぜそう思っているのかというのは今後ひも解かれていくと思いますが、そういう見えない部分に信念があるというか、ただ「勝ちたい、勝ちたい」ではなくて自分たちにしっかり自信があって、やることのビジョンがはっきりしている。リリックの韻の踏み方もかなり精密な感じというか、「ここで踏む」というのがわかってはいるんだけど、実際に歌うとめちゃくちゃ難しい。無駄がない精密なアプローチは、3人のバックボーンにも通じていきます。耳馴染みもよくて、何回でも繰り返し聴ける曲だなと思います。



――最後に、2ndリアルライブや新たなバトルへの意気込みをお願いします!



【矢野】今度こそNo.1をとりにいくという気持ちが一番強いですね。応援してくださっている皆さんと一緒にNo.1を取りに行くという気持ちが悪漢奴等の良いところ。誰も見捨てないし、皆で一緒にやっていくっていう、スポ根ではないんですけど、メッセージも何もかもまっすぐ伝えるからこそ、響くものがあるというのを僕も信じている。



あとは、とにかくライブというものを楽しみたい。タオルとかぶん回しながら、皆が楽しめる空間を提供できたら、それは悪漢奴等という形としてのNo.1なのかなと思っています。



【千葉】ロクタたちは、普段は家族として本当に仲良く過ごしていて、お互いのことを補っている温かさみたいなものがあるんですけど、逆にその軸にあるのは音楽に対する自信やストイックさというもの。天月さんと北村(諒)さんと、1Nm8として最初のライブではあるんですけど、肩に力が入るというよりは、自分たちの音楽を信じてバッとやってキメて帰る、みたいなのが1Nm8としてはカッコいいし、彼らの良さが皆さんにも伝わるんじゃないかと思っています。



◆悪漢奴等(あかんやつら)チーム紹介



TURN IT UP!!!!!! -悪漢SOUL FEVER-/悪漢奴等

作詞:心之助&Mt' from WAYZ 作曲・編曲:S-kit

https://www.youtube.com/watch?v=dJASqGvkE9w



<プロフィール>

結束の固いギャング5人組ユニット

任侠を重んじるギャング5人組。元は大きな組だったがある事件によって解散の憂き目にあった。依織を中心に血の繋がりを超えた結束力を持つ。それぞれの個性的なフロウを繋いでいくラップスタイルで、フロアを巻き込み盛り上げる熱量の高い楽曲が魅力。

<メンバー>

“グッドバイブスのゴキゲン系ラッパー”翠石依織【MCNAME:カシラ】CV:近藤孝行

“弱きを守り強きを挫く熱血系ラッパー”雅邦善 【MCNAME: 俄然】CV:志麻

“猫をこよなく愛する無口天然系ラッパー”征木北斎【MCNAME:風来BOY】CV:土岐隼一

“喧嘩上等 悪羅悪羅系ラッパー”伊藤紗月【MCNAME:臥威亜】CV:畠中祐

“元気印の感情爆発系ラッパー”円山玲央【MCNAME:REOくん】CV:矢野奨吾





◆1Nm8チーム紹介



Break Outta Here/1Nm8

作詞:Young Yazzy 作曲・編曲:Casa Mila

https://www.youtube.com/watch?v=XnhMEkFev2U



<プロフィール>

圧倒的天才が率いる正体不明の3人組ユニット

ファントメタルとの親和性が極端に高く、特異な幻影を出すことができる3人。リーダーの京は元々VISTYのセンターとして活躍していたが、とある事情から脱退。現在は3人ひとつ屋根の下で暮らしている。3人が醸し出す浮世離れした雰囲気は聴く者の心を動かす。

<メンバー>

“音に共鳴する天才系ラッパー” 御山 京【MC NAME:7】 CV. 天月

“感情の欠けたサイボーグ系ラッパー” イツキ【MC NAME:5】 CV. 北村諒

“ゼロ距離スマイルのお気楽系ラッパー” ロクタ【MC NAME:6】 CV. 千葉翔也

カテゴリ