中井貴一主演、映画『大河への道』大河ドラマ開発&日本地図完成までの場面写真

中井貴一主演、映画『大河への道』大河ドラマ開発&日本地図完成までの場面写真

 俳優の中井貴一主演、松山ケンイチ、北川景子が共演する映画『大河への道』(5月20日公開)で、全キャストが〈一人二役〉を演じる、〈令和の現代劇〉と〈江戸の時代劇〉、2つの世界の場面写真が到着した。



【画像】一人二役を演じる時代劇パートの場面写真



 本作は、落語家の立川志の輔による新作落語「伊能忠敬物語―大河への道―」が原作。“大河ドラマ”の開発チームが発見してしまった、200年前の江戸時代に隠された驚きの秘密をひも解く、笑って泣けて、そして日本史の常識をもひっくり返す“歴史発見”エンタテインメント。



 現代の千葉県香取市。市役所の観光事業として、初めて日本地図を作った郷土の偉人「伊能忠敬」を描く大河ドラマの開発プロジェクトが立ち上がる。総務課主任・池本保治(中井)は、ひょんなことから観光課の課長・小林永美(北川)によって開発担当に任命される。池本はお調子者の部下・木下浩章(松山)とともに、今は引退したといううわさの大物脚本家・加藤浩造(橋爪功)をなんとか口説いて脚本の執筆を依頼するが、思いもよらぬ発見が加藤から池本に伝えられる。日本地図を完成させたのは、伊能忠敬ではないというのだ。



 舞台は200年前へ。江戸下町の伊能忠敬邸では、天文学者の高橋景保(中井)と助手の又吉(松山)、日本地図完成を目指す忠敬の測量隊(和田正人、田中美央、溝口琢矢、平田満)、下女のトヨ(岸井ゆきの)、そして伊能のかつての妻・エイ(北川)によって、驚くべき隠密作戦が決行されようとしていた…。



 解禁となったのは、観光課の小林(北川)と大河ドラマ開発プロジェクトのリーダーに据えられた総務課の池本がプロジェクトの成功に意気込む姿を捉えたものから、池本が部下の木下(松山)と伊能忠敬が日本地図を製作する際に用いた一定の歩幅で歩く測量方法を試す様子、大物脚本家・加藤(橋爪)と脚本開発会議に臨む場面を切り取った一枚、そして安野富海(岸井)、各務修(和田)ら総務課の同僚を写したスチール。



 時代劇パートからは、日本地図の完成を目前に亡くなってしまった伊能の志を継いだ者たちの活動を支援することに決めた天文学者・高橋景保(中井)と助手の又吉(松山)の姿や、二人が測量体験をしている場面、さらには伊能隊の面々が測量結果を地図に起こす様子を写したスチールが解禁。さらに、かつての伊能の妻・エイ(北川)が首元に刀を突き付けられた緊迫感を感じさせる一枚も。日本地図完成の裏側では一体何が起こっていたのか?と思わず気になってしまう場面写真となっている。
カテゴリ