ガラスの靴がスニーカーに!? “現代版シンデレラ”はデザイナーを夢見る“少年”

ガラスの靴がスニーカーに!? “現代版シンデレラ”はデザイナーを夢見る“少年”

 ディズニー公式動画配信サービス「Disney+(ディズニープラス)」で5月13日より日本初独占配信開始となるオリジナル ミュージカル・ムービー『スニーカーシンデレラ』は、現代版シンデレラストーリー。ガラスの靴がスニーカーに!? シンデレラさながらのオマージュシーンを詰め込んだ日本語版予告編が解禁となった。



【動画】『シンデレラ』のオマージュ満載の予告編



 ディズニー・チャンネルの大ヒット映画『ディセンダント』や『ハイスクール・ミュージカル』シリーズを製作したスタジオが手がけるディズニーらしさ満点の本作は、スニーカー文化の中心であるニューヨークを舞台に、スニーカーデザイナーを夢見る少年エルが“プリンセス”と出会い、大きな夢を叶える一歩を踏み出していく、ポップでエネルギッシュなミュージカル・ムービー。



 少年エル(チョーズン・ジェイコブス)は、亡き母が遺した靴屋で、意地悪な継父と義理の兄弟たちとともに、その才能を隠しながら、ストックボーイ(商品補充係)として働いている。ある日、エルは伝説的なバスケットボール選手であり、“スニーカー王”の異名を持つダリウス・キング(ジョン・サリー)の娘であるキラ・キング(レクシー・アンダーウッド)と運命的な出会いを果たす。そして、親友からの後押しとフェアリー・ゴッドファーザーのちょっとした魔法によって、スニーカーデザイナーを目指す勇気を手に入れる。



 解禁された予告編では、エルとキラが運命的な出会いを果たすシーンをはじめ、 夜中の0時の鐘とともにパーティー会場から帰るシーンや、エスカレーターに片方のスニーカーを落としてしまうシーンなど、『シンデレラ』をオマージュしたシーンがところどころにちりばめられている。そして、スニーカーカルチャー×ヒップホップ・ミュージック のクールな融合にも注目。目を輝かせながら、ノリノリで スニーカーデザインを施していくエルは、果たして、“本物のデザイナー”になることができるのか。



 主役のエル役には、『HAWAII FIVE-0』のウィル・グローバー役で一躍知名度を上げたチョーズン・ジェイコブスが抜てきされた。また、運命の相手キラ役を務めるのは、次世代を担う女優レクシー・アンダーウッド。さらに、伝説的なバスケットボール選手ダリウス・キングを4度のNBAチャンピオンのジョン・サリーが演じる。



 監督は、全米監督協会賞にノミネート歴のある『Empire/エンパイア 成功の代償』のエリザベス・アレン・ローゼンバウム、脚本はディズニー・チャンネルで人気の「ゾンビーズ」シリーズのデヴィッド・ライト&ジョセフ・ラソが務める。

カテゴリ