川島なお美さん、生前残された唯一のMV「Actrice」 “歌手デビュー日”4・21配信開始

川島なお美さん、生前残された唯一のMV「Actrice」 “歌手デビュー日”4・21配信開始

 2015年に女優・タレントとして人気絶頂の中、54歳という若さでこの世を去った川島なお美さん。その早すぎる死から約6年半、彼女のもう一つの顔であった「歌手」として残したラスト・シングルにして唯一のミュージックビデオ(MV)作品「Actrice」(アクトリス)が、きょう21日にYouTubeで配信が開始された。



【動画】川島なお美さん生前唯一のMV「Actrice」



 4月21日は、川島さんとって1979年にキャニオンレコードから歌手デビューを飾った記念すべき日。この度配信された「Actrice」は、2009年、デビュー30周年でプライベートでも結婚という記念すべき年に発売されたシングルで、歌手としては実に11年ぶりの新曲のリリースだった。そして、“歌手・川島なお美”として初めてかつ唯一となってしまったMV作品となる。



 「Actrice」は、フランス語で「女優」という意味。作詞はペンネーム「鎧塚小々夏(読み方:ヨロイヅカココナツ)」として川島さん本人が手掛け、小悪魔的にかわいらしく「オンナはみんな女優よ」と歌う。結婚を控え“女性”としての最高に幸せな時期に撮影したMV映像には、貴重な撮影風景が収められ、真剣な表情や、スタッフからのリクエストに「私やったことないんだから~」と無邪気な笑顔も。そして、11年ぶりに歌手活動を復活したことへの思いも語っている。



 CDではカップリングに収録された「偶然の後で」は、作詞家・秋元康氏が川島さんへの結婚のお祝いで書き下ろした心あたたまる感動のバラード。告別式の出棺時に会場で流され、見送る多くの関係者、ファンの記憶に残る曲となった。また、シングルの初回盤には特典として「なお美のオススメ!ワインメモ」が封入され、結婚披露宴の引出物のひとつとして出席者に配られた。



 “女子大生タレント”の先駆者として一躍人気者となり、その後女優として数々の作品に出演し名実共にトップ女優へと飛躍を遂げ、さらにはワインに関する豊富な知識やプロ級の料理の腕前を披露するなど、マルチな才能で我々を楽しませてくれた川島なお美さん。女優・歌手として生涯を生き抜いた彼女らしく華やかで美しいさまざまな表情を見せるMVに注目したい。

カテゴリ