堀田真由『ゼクシィ』初の3年連続CMガール就任「板についてきたかな」 鈴木仁も新郎役続投

堀田真由『ゼクシィ』初の3年連続CMガール就任「板についてきたかな」 鈴木仁も新郎役続投

 リクルートは21日、結婚情報誌『ゼクシィ』13代目CMガールの俳優・堀田真由(24)と、新郎役の鈴木仁(22)を3年連続で起用すると発表した。3年連続の起用は初めてという。同日より新CMを公開する。



【別カット】キラリと光る薬指!笑顔溢れる堀田真由&鈴木仁



 3年連続の就任を聞いた時の心境について、2人は声をそろえて「うれしかった」とにっこり。堀田は「でも驚きの方が大きかったです。『ゼクシィ』CMガールはずっと憧れだったので、1年目も夢じゃないかと思いましたし、2年目も3年目も『え、本当かな』って」と喜びを明かした。鈴木は「幸せを後押しする仕事だと思うので責任重大ですし、(自分自身も)幸せな仕事だなと思います。すごくありがたいし、撮影も楽しみになりましたね 」と思いを語った。



 また、2人には3年目の意気込みを漢字一文字で実際に書いてもらった。すると、2人とも同じ「笑」という文字を選んだ。鈴木が「 『ゼクシィ』のCMと言えば笑顔なので」と話すと、堀田も「一緒です。『ゼクシィ』は前向きでハッピーなイメージなので、3年目も笑顔を大事にして、たくさんの笑顔を届けたいですね」と重ねた。



 さらに、3年目就任のお祝いとして『ゼクシィ』表紙風のパネルを2人にサプライズでプレゼントする一幕も。写真を見比べながら 「そんなに変わらないかな?」と話しつつ、「やっぱり幼さは感じるな」(鈴木)、「2年たってちょっと大人になったかな」(堀田)と感慨深げだった。堀田は「長くやらせていただいて、ウエディングドレス姿が板についてきたかなと思います」と自信を見せた。



 『ゼクシィ』アプリの紹介がメインとなった今回のCM撮影。堀田は「2人でセリフをリンクさせるところが多く、合わせるタイミングが難しかったですね。自分たちが本当にアプリの中に入っていくような感覚が味わえてすごく楽しかったです」とにっこり。見どころについて、鈴木が「わくわくするような世界観だったのですが、結婚は夢のあるものだから親和性があるのかなと思いました。でもそれだけじゃなく、現実感のある部分も感じながら楽しんでもらえたらなと思っています」と語っている。



 今回、TikTokの『ゼクシィ』公式アカウントでは、2人がキュートなダンスを披露。堀田はクラシックバレエ、鈴木はヒップホップダンスの経験者とあって「ダンス経験が今日につながっていた」と笑い合うほど、スムーズな撮影となった。 

カテゴリ