普段使いの和食店「三宿 たちばな屋」に、旬の食材を使用した季節の料理が登場!

普段使いの和食店「三宿 たちばな屋」に、旬の食材を使用した季節の料理が登場!


普段使いの和食の店「三宿 たちばな屋」が夜の営業で、旬の食材を使用した季節の料理全13種類を提供中だ。

昼は揚げもん専門店・夜は普段使いの和食店


昼は生パン粉フライの揚げもん専門店、夜は名物塩釜焼きとあなご天が美味しい、普段使いの和食の店になる「三宿 たちばな屋」。

日本各地には美味しい食材が溢れており、その食材を使った料理を引き立たせる地酒も沢山。それらには、漁師や農家、杜氏など生産者のこだわりや想いがつまっている。

「三宿 たちばな屋」は、その素晴らしい生産者と繋がり、自分ができる事をやり、その微々たる力が少しでも日本の食を支えられればと考えているという。

産地にこだわった季節の料理をラインアップ


今回同店では、三重県、静岡県から直送された新鮮な生しらすを使用した軍艦巻きや、兵庫県産のほたるいかを使用した沖漬けなど、産地にこだわった料理13種をラインアップ。

世田谷区三宿住宅街の中のほっこりできる和食の店で、季節の料理を堪能してみては。

三宿 たちばな屋公式サイト:https://mishuku-tachibanaya.com/
カテゴリ