DAIGO、高橋一生との“サウナオフショット”公開 胸元を隠す“乙女な仕草”も

DAIGO、高橋一生との“サウナオフショット”公開 胸元を隠す“乙女な仕草”も

 俳優の高橋一生が主演を務める、TBS系金曜ドラマ『インビジブル』(毎週金曜 後10:00)の公式インスタグラムが、22日までに更新。主人公・志村貴文(高橋)と、第1話でキーパーソンを演じたラビアンローズ役のDAIGOとのオフショットを公開した。



【写真あり】胸元を隠す乙女な仕草!DAIGO×高橋一生の“サウナオフショット”



 普段目にする事故や事件には未解決となってしまうものも多々あるが、実はその中には警察すら存在を知らない凶悪犯、通称“クリミナルズ”によって行われている犯罪がある。この物語は、そんなクリミナルズを捕らえるため、刑事・志村貴文(高橋)と犯罪コーディネーター・キリコ(柴咲コウ)という絶対に相容れないはずの2人が異色のバディを組む前代未聞の犯罪エンターテインメント。



 DAIGOが演じるのは、優秀なハッカーのラビアンローズ。高度なセキュリティに守られている秘匿情報をいとも簡単に入手する高度なハッキングスキルを持ち、犯罪コーディネーターのキリコも一目置く存在。



 第1話では、上半身裸で頭にサウナハットを被り“オネエ言葉”全開で登場し、視聴者の度肝を抜いたローズ。渋谷の駅前で発生した爆破事件の犯人逮捕につながるヒントを得るべく、志村はキリコに連れられ、ラビアンローズを訪ね、爆破事件解決の重要なカギを握るキーパーソンを務めた。



 インスタグラムでは、第1話で描かれた志村とローズの“サウナシーン”のオフショットを公開。DAIGOの胸元を隠すような“乙女な仕草”にファンからは「素敵なオフショットありがとうございます! 志村とローズの会話がもっと見たかったです」「このDAIGO、最高」「DAIGOさんのオネェ言葉最高でした」などの声が寄せられている。
カテゴリ