【ちむどんどん】家族との別れから一転… 衝撃の“子役パート”最終回 ネット反響「初めて見るパターン」「行かないんかい!」

【ちむどんどん】家族との別れから一転… 衝撃の“子役パート”最終回 ネット反響「初めて見るパターン」「行かないんかい!」

 女優の黒島結菜がヒロインを務める、NHK連続テレビ小説 『ちむどんどん』(月~土 前8:00 総合/前 7:30 BS4K・BSプレミアム※土曜日は1週間の振り返り)の第10回が22日、放送された。



【キャスト相関図】来週から東京鶴見編!黒島結菜、川口春奈ら…登場人物の関係をおさらい



 本作は今年で本土復帰50年となる沖縄が舞台。ヒロイン・黒島結菜は、豊かな自然に恵まれた「やんばる地方」のサトウキビ農家の次女として育つ比嘉暢子(のぶこ)を演じる。物語は、本土復帰前の1960年代からスタート。本土復帰となった1972年に高校を卒業した暢子は、東京へ。レストランで修行に励む中、人生を変える人々との出会い、そして運命の恋。愛する沖縄料理に夢をかけるヒロインと強い絆で結ばれた4兄妹の笑いと涙の「家族」と「ふるさと」の物語が描かれる。



※以下、ネタバレあり

 東京の遠い親戚からの申し出は、「四人のこどものうち、ひとり預かってもいい」というものだった。誰を行かせるべきか。家族と離れるのは誰なのか。本当は四人の兄妹、誰も行きたくはなかった。



 悩む優子(仲間由紀恵)。さまざまな葛藤の末に、暢子が自ら「東京に行きたい!」と…。そして、やんばるを去る史彦(戸次重幸)、和彦(田中奏生)とともに、暢子(稲垣来泉)が家族と離れる日がやってきた…という第10回のストーリーだった。



 遂に東京へと旅立つ時が。家族の前では気丈に振る舞った暢子だが、名護行きのバスに乗り、家族を見つめる目には不安の色が隠せない。残った兄妹たちも、たまらず遠ざかるバスを追い掛け、暢子を必死に呼び止める。



 ここで走る兄妹を振り切って別れか…と思われた次の瞬間、暢子が運転手に「止めてください!」と頼み、バスは停車。4人は抱き合い、やがて優子も駆けつけると「ここで幸せになりたい」という答えは出す。



 まさかの展開から物語は7年後、沖縄で元気に育ち、大きくなった暢子(黒島結菜)が登場。放送直後の『あさイチ』(月~金 前8:15)では、MCの博多華丸も「追っかけて止まるパターンがあるんですね」と驚き、ネット上でも「初めて見るパターン」「行かないんかーい!」「みんなが幸せならそれでOK」などの声が寄せられている。
カテゴリ