トータルテンボス、初の“W親子共演” 「ビッグスターであることを息子に示したい」と意気込み

トータルテンボス、初の“W親子共演” 「ビッグスターであることを息子に示したい」と意気込み

 お笑いコンビ・トータルテンボス(藤田憲右、大村朋宏)が、23日放送のテレビ静岡『くさデカ』(後6:30※静岡ローカル)に出演。それぞれ息子を連れて、親子4人で共演を果たす。



【写真】親子共演もおなじみ…!?笑った顔もそっくりな大村晴空&大村朋宏



 大村の息子・晴空くん(15)は『千鳥のクセがスゴいネタGP』で披露する替え歌が話題となり、一躍有名に。番組冒頭、「静岡のみなさん、父がいつもお世話になっています」と晴空くんがあいさつすると、大村は「いつもは晴空のバーターですが、今日は我々が静岡でビッグスターであることを息子に示したいと思います!」と意気込んだ。



 一方、藤田の息子・琉左くん(11)は『くさデカ』初出演。球速95キロ以上出すという野球少年で、親子の熱血野球トークも飛び出したほか、父へのツッコミも冴えわたり、早くも逸材の鱗片を見せた。



 今回、トータルテンボスの2人が紹介したのは「息子に食べさせたい静岡グルメ」。ハンバーグやマグロ丼など、とっておきの一品を口にした息子たちは「めっちゃうまい!」と感嘆の声をあげた。さらに、12年前に当時3歳だった晴空くんが『くさデカ』に初出演した際のかわいい秘蔵映像も公開されたほか、息子2人の前でトータルテンボスが漫才を披露する展開も。ロケを振り返り、東京生まれ東京育ちの息子2人は「静岡にはおいしいものがたくさんあることがわかった」と満足気に語った。



【親子インタビュー】

ーー『くさデカ』は知っていたか?

【晴空】「番組は知っていたけど、見たことはなかった」

【大村】「『くさデカ』がグルメ番組ってことも知らなかったんじゃない?」

【晴空】「それは知っていた。自宅のテーブルに置かれた台本を見たり静岡行きの新幹線チケットを見たりして『今日は「くさデカ」か』と思っていた」



ーーパパの好きなところは?

【晴空】「好きなところは、たまにしか家にいないこともあって『気前がいい』ところ」

【藤田】「親父に対して『気前がいい』って(笑)他人にいう言葉だよね」



ーー嫌いなところは?

【晴空】(語気を強めて)「これはもう本当にやめてほしいことなんですけど、そんなにスペース無いのに、家の中で思いっきりゴルフクラブを振るところ」

【藤田】「出た! 晴空、俺も他の番組で『それ止めてくれ』って言ったばっかり。全く同じこと思ってる。狭い楽屋でもやってるのよ」

【晴空】「楽屋でもやるの!?」

【藤田】「二人っきりの楽屋でやるの。こっちの事も考えてほしい」

【大村】「おいおい、集中砲火だな。(苦笑)わかったよ、もうやめるよ」



ーー続いて琉左くん。

【琉左】「好きなところは…(数秒間の沈黙の後)「食べ物をおごってくれるところ」

【藤田】「『気前がいい』と一緒じゃねぇかよ(笑)。おごるって何? 親だから普通払うのよ。じゃあ嫌いなところは?」

【琉左】「くさい、ウザい、うるさい、酔っぱらいやすい、水飲むときの音ウザい、あと…」

【大村】「そこまでにしてあげてくれ!」

【藤田】(苦笑)



ーー琉左くんと晴空くんは仲が良いか?

【琉左】「昔から一緒にゲームをやったりして仲いいよ!」

【藤田】「晴空は弟のようにかわいがってくれるし、琉左もお兄ちゃんのように慕ってる。最近は晴空の受験があって会っていなかったから、久しぶりに会ってびっくりしたよ! めっちゃ身長伸びてた!」
カテゴリ