早見沙織『ローマの休日』吹き替えでオードリー・ヘプバーン担当「言葉で言い表せないくらい光栄」

早見沙織『ローマの休日』吹き替えでオードリー・ヘプバーン担当「言葉で言い表せないくらい光栄」

 声優の早見沙織が、5月13日に日本テレビ系『金曜ロードショー』(毎週金曜 後9:00)で放送される名作『ローマの休日』(1953年)の新たなオリジナル吹き替え版で、オードリー・ヘプバーンを担当することがわかった。18年ぶりに、デジタルリマスター版で放送される今回、オードリー演じるアン王女を早見、グレゴリー・ペック演じる新聞記者のジョー・ブラッドレー役を浪川大輔が務める。



【写真】グレゴリー・ペックのオリジナル吹き替えを担当する浪川大輔



 早見といえば、『鬼滅の刃』胡蝶しのぶ役や、『宇宙よりも遠い場所』の白石結月役、映画『聲の形』西宮硝子役などでおなじみの人気声優。浪川も『ルパン三世』の石川五ェ門役や、『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』ギルベルト役等、幅広く活躍。このほかにも、カメラマンのアービング役は、『ドラえもん』スネ夫役の関智一、美容師のマリオ役は、『鬼滅の刃』鬼舞辻無惨役の関俊彦、ヘネシー支局長役は、『名探偵コナン』目暮警部役の茶風林が務め、名作に新たな魅力を吹き込む。



 1953年(日本では54年)に公開された本作は、初主演となったオードリーとグレゴリーによるロマンティックラブストーリー。アカデミー賞で主演女優賞、脚本賞、衣装デザイン賞を受賞し、世界的に大ヒットを記録した。とある国の王女アンは、ローマ滞在中に抜け出し、新聞記者のジョーと出会い、正体を隠して街を駆けまわるが、実はジョーは正体に気づいていて…。トレビの泉や真実の口などローマの名所が次々登場し、憧れの的となったオードリーのファッションにも注目だ。



 子どものころ、声優という仕事を認識したきっかけが「池田昌子さんの吹き替えのオードリー・ヘップバーン作品を見た」ことだという早見。思い出深い作品への参加に「マネージャーさんからは初め、タイトルを聞かずに「劇場版の吹き替えがある」とだけ聞いていて、その後さらっと「『ローマの休日』をやる」と言われ、それを聞いた瞬間、心拍数が上がり、手に汗握って、全身の温度が上がるかのような何とも言えないドキドキと緊張感につつまれました」と思わず興奮。



 浪川も「名作中の名作なので、喜びと共に、驚き、プレッシャーが同時に押し寄せてきました。すごくうれしかった一方で、『本当にやるの? できるかな?』と…。グレゴリー・ペックの吹き替えはやったことがなく、とても空気感のある役者さんなので本当に緊張します。でもやはり『うれしい!』という気持ちが一番強かったです」とオファーに感激している。



 早見は「18年ぶりに金曜ロードショーで放送されるということで、私自身、作品の一ファンとして放送される事自体うれしく思ってます。まさかアン王女の役として私がたずさわる事ができるとは、本当に言葉で言い表せないくらい光栄です!こうして話しているだけで、心拍数が上がり、緊張感が走ります…。作品の中のアンの魅力、すてきなところを少しでもお伝えできるよう努めましたので、これを見てすてきな“休日”を過ごしていただけたらと思います。休日と言いつつ金曜日ですが(笑)」と喜びとともにお茶目にコメントを寄せている。
カテゴリ