BE:FIRST『smart』表紙&裏表紙ジャック “PREPPY × B-BOY”の新鮮コーデ披露

BE:FIRST『smart』表紙&裏表紙ジャック “PREPPY × B-BOY”の新鮮コーデ披露

 7人組ダンス&ボーカルグループ・BE:FIRSTが、25日発売のファッション誌『smart』6月号(宝島社)の表紙に登場。2パターンの最旬コーデをまとい、裏表紙も飾った。



【写真】表紙&裏表紙をジャック!カジュアルファッションのBE:FIRST



 表紙・裏表紙の衣装は“PREPPY × B-BOY”をテーマとするなど、メンズファッション誌らしい、BESTY(ベスティ)にとっては新鮮に感じられるであろう2コーデを披露。誌面の16ページ大特集は「彼らが“トップ”である理由」と題し、ファッションへのこだわりや新曲「Bye-Good-Bye」に込めた想いなどを語った。



 インタビューページではペア&トリオに分かれてトーク。MANATO×JUNONは、へアカラーから独自のファッションまでテンポよく語り合い、最近ハマってるファッションアイテムの話題では、MANATOが「ゴールドのリングで。割と細めのタイプのものが好きで」と紹介すると、JUNONは「僕は今日久しぶりにピアスをつけてきました。ここ数年、まったく付けていなかったので、穴がふさがりかけていて少し焦りました」と明かした。



 LEO&RYUHEI&SHUNTOの3人は、年齢差を感じさせずに和気あいあいとそれぞれのファッション論を展開。マイルールについて、LEOが「基本的に系統はちゃんと合わせるとか、組み合わせてはいけないブランドは意識していますね。例えばヒップホップの歴史的に個の組み合わせはNGという感じで」、SHUNTOは「僕はあまり人と被らないけど、シンプルで変わったデザインのものを着るようにしていて、古着を着ることが多いです」、RYUHEIは「動きやすくて、着こなしやすいことです。移動中もラフでリラックスできることが大事で、でもちゃんとオシャレに見えることも気にしています」とこだわりを語った。



 グループ随一のファッショニスタのSOTAとRYOKIは、一緒に買物に行った際のほほ笑ましいエピソードを披露。「順番に試着室に入ったりとかして。そういえば、色違いの帽子を鏡の前で二人で試着していたら、その光景をファンの方に目撃されて『応援してます!』って声をかけていただいて」(RYOKI)。



 同号にはそのほか、田中みな実、吉野北人(THE RAMPAGE from EXILE TRIBE)などが登場する。
カテゴリ