森川智之、オビ=ワン・ケノービ役の声優続投「ベイダーと共演したら思い残すことはない」

森川智之、オビ=ワン・ケノービ役の声優続投「ベイダーと共演したら思い残すことはない」

 1999年公開の『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』からユアン・マクレガーが演じるオビ=ワン・ケノービの日本版声優を務めてきた森川智之が、ディズニー公式動画配信サービス「Disney+(ディズニープラス)」のオリジナルドラマシリーズ『オビ=ワン・ケノービ』(日本時間5月27日午後4時より配信開始)でもオビ=ワン役を務めることが発表された。ユアン同様に森川もまた“「スター・ウォーズ」シリーズへの帰還”を果たすこととなった。



【動画】『オビ=ワン・ケノービ』初映像の予告編



 オビ=ワン・ケノービは、のちにダース・ベイダーとなるアナキン・スカイウォーカーと師弟関係で結ばれ、「スター・ウォーズ」シリーズには欠かせない伝説的なキャラクター。オビ=ワンが主人公として描かれることについて森川は「僕の声優人生においても特別な存在であるキャラクター、オビ=ワン・ケノービがついに主人公になるなんて感無量です。それもユアン演じるオビ=ワンの日本版ということで、今から収録が楽しみで仕方ありません」と喜びを明かす。



 本作の舞台は、オビ=ワンにとって最良の友でありジェダイの弟子であったアナキン・スカイウォーカーが邪悪なシス卿ダース・ベイダーに堕ち、ジェダイが敗北を喫した『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』での劇的な出来事から10年後。ダース・ベイダーはジェダイを抹殺し銀河を支配しようとしており、オビ=ワンは幼きルーク・スカイウォーカーを見守りながらベイダーら帝国軍から追い詰められていく。



 『エピソード3』のその後から『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』につながっていく本作のオビ=ワンについて森川は「僕の最初の『スター・ウォーズ』といえば、やはり『エピソード4』です。オビ=ワンとダース・ベイダーとの対決シーンは衝撃的でした。『エピソード3』から4への、それにつながるオビ=ワンの物語。帝国軍から身を隠し、ルークの成長を見守りながら、どんな物語が展開されるのか、ファンなら誰もが気になるところです! 僕自身とても楽しみで、早く内容が知りたいですね」と語った。



 さらに、予告編にダース・ベイダーの“呼吸音”が聞こえてきたが、オビ=ワンとダース・ベイダーの再共演については、「オビ=ワンとダース・ベイダーの共演が観られたら、もう本望ですよ、思い残すことはございません! めちゃくちゃうれしいですね! 世界中のファンが歓喜の涙を流すのではないでしようか。ふたりのライトセーバーの対決を期待しています!」と森川自身も期待している様子。「スター・ウォーズ」を象徴するオビ=ワンとダース・ベイダーの共演、オビ=ワンの知られざる物語に期待が膨らむばかりだ。
カテゴリ