リニューアルオープン記念企画展『白汚 零写真展 美しすぎる下水道』を開催

リニューアルオープン記念企画展『白汚 零写真展 美しすぎる下水道』を開催


大阪市下水道科学館は、下水道が生活に欠かせないライフラインであることを認識し、理解を深めてもらうためのPR施設。新たな下水道科学館は、海外展開に加え、技術開発と学習・研修の「3つの機能」を持つ、下水道に関する情報発信拠点として生まれ変わった。

大阪市下水道科学館は、多くの人に来てもらい、下水道事業の役割と重要性を理解してもらい、身近なものとして感じてほしいと考えているという。子どもから大人まで、また、親子で楽しめる体験プログラムや企画展示が多数開催される。

『白汚 零写真展 美しすぎる下水道』



下水道の世界を30年以上撮り続けている写真家・白汚零氏の写真展『白汚 零写真展 美しすぎる下水道』が4月29日(金)~6月28日(火)の期間で開催される。同展では、6作品が展示予定だ。

人の目に触れることのないマンホールの蓋一枚を隔てた、その下に広がる下水道。その仄暗い世界が白汚零氏により照らされた姿は、汚い、暗い、臭いといったイメージを覆すように美しい。

非現実的のようで現実の世界。日々の生活と切り離すことのできない排水のゆくえ。写真で見る神秘的な下水道空間を体験してみては。

トークイベント



4月29日(金)14:00~15:00には、白汚零氏によるトークイベントを開催。定員は30名で、当日整理券が配布される。

体験プログラム



自然にやさしいグリセリン石鹸で、かわいらしい“ウンチちゃん”をつくる「つくろう!ウンチちゃん 石鹸」は、4月29(金)・5月3日(火)の10:00~13:00に開催され、所要時間約15分。

誰でも参加でき、定員は先着100名。受付は当日の開催10分前からとなる。


キラキラの飾りが揺れる水を閉じ込めた不思議な感触のストラップをつくる「水を閉じこめよう!ぷにぷにストラップ」は、4月30日(土)・5月4日(水)の10:00・11:00・13:00に開催される。

対象は5歳以上で、定員は各回20名。受付は当日の開催10分前からとなる。


つるつる・まんまる・ぺったんこな石に自由に色をつけて、たった一つの宝物をつくる「つるつる石ころアート」は、5月1日(日)・5月5日(木)13:00~15:00に開催される。

誰でも参加でき、定員は先着200名。自由参加、入退場自由となる。


全てのプログラムにおいて、未就学児は保護者同伴のため注意を。

『白汚 零写真展 美しすぎる下水道』はもちろん、体験プログラムに参加しに、大阪市下水道科学館へ足を運んでみては。

■白汚 零写真展 美しすぎる下水道
会場:大阪市下水道科学館
時間:9:30~17:00 ※休館日:毎週水曜(休日の場合は翌平日)
料金:無料
大阪市下水道科学館URL:https://www.osaka-ssm.jp/
カテゴリ