『マイファミリー』元宝塚・珠城りょう、濱田岳の妻役で“ドラマ初出演” 誘拐事件との関わりは?

『マイファミリー』元宝塚・珠城りょう、濱田岳の妻役で“ドラマ初出演” 誘拐事件との関わりは?

 嵐の二宮和也が主演を務める、TBS系日曜劇場『マイファミリー』(毎週日曜 後9:00)。元宝塚歌劇団トップスター・珠城りょうが、東堂樹生(濱田岳)の妻・東堂亜希を演じることが決定した。ドラマ出演は今作が初となる。



【キャスト相関図】誘拐犯は誰?登場人物の関係をおさらい



 2008年に宝塚歌劇団に入団した珠城は、16年に月組トップスターに就任し、男役としては天海祐希に次ぐ異例のスピード出世を果たした。昨年8月に退団し、今月末からは初のコンサート『CUORE』を大阪と東京で開催予定。ソロでの今後の活躍が大いに期待されている。これまで男役として舞台に立ち、観客を魅了し続けた珠城が、どんな妻の顔を見せてくれるのか。また、誘拐事件とは何か関わりがあるのか注目だ。



 人生最悪の事態に見舞われた家族の絆が試される、ノンストップファミリーエンターテインメント。誘拐された娘を取り返すための唯一の方法として警察を排除することを決意した夫婦が、たった2人で娘を取り返すべく戦っていく。『グランメゾン東京』(2019年)、『TOKYO MER~走る緊急救命室~』(2021年)などの脚本家・黒岩勉氏によるオリジナル作。



■第3話(24日放送)あらすじ

温人(二宮和也)と未知留(多部未華子)は、大学時代の友人、三輪(賀来賢人)と東堂(濱田岳)という心強い協力者を得て、警察を排除することに成功したが、より確実に身代金を受け渡す為に、ある秘策を犯人に提案する。乗るか反るかの賭けに、果たして犯人は?



そして、温人は無事、娘を取り戻すことができるのだろうか?遂に、鳴沢友果ちゃん誘拐事件完結編! そして…。
カテゴリ