堀田真由、「助監督の市川」役で主演 白石晃士監督『オカルトの森へようこそ』劇場公開も決定

堀田真由、「助監督の市川」役で主演 白石晃士監督『オカルトの森へようこそ』劇場公開も決定

 俳優の堀田真由が、WOWOWと白石晃士監督のタッグによるオリジナル企画『オカルトの森へようこそ』で主演を務めることが発表された。堀田はこれがWOWOWオリジナルドラマ初主演となる。



【写真】監督・編集、ホラー映画監督の黒石光司役の白石晃士



 本作はホラー映画を得意とする白石が監督・編集を務めるオリジナルPOV(ポイント・オブ・ビュー=主観視点)ホラー。監督はこれまでも「戦慄怪奇ファイル コワすぎ!」シリーズなどで自身がカメラマンとなり、POVで展開する臨場感あふれる映像を届け、ファンから支持されているだけに本作は待望の新作となる。



 異界とつながる祟りの森を舞台に、映画監督と助監督、悪しきものに取り憑かれた美女、“スーパーボランティア”の男性、イケメン霊媒師が次々と迫りくる恐怖から逃げ惑い、時に立ち向かうノンストップ・ジェットコースター・ホラー・アドベンチャー。



 堀田が演じるのは、本作の主人公となる助監督の市川美保役。「助監督の市川」といえば白石作品ファンの間ではおなじみの名前。本作の制作が発表された際には、市川は誰が演じるのかSNSでも期待の声が寄せられていた。助監督としてホラー映画監督の黒石光司(白石)を支えながら、時に弱気になる黒石を叱咤するなど、キュートな見た目とは裏腹にタフで毒舌な一面も?



 本作は昨年の夏に撮影済み。堀田は「森で撮影をしていたのですが本当に異世界に迷い込んでしまったのではないか?と錯覚するほど、助監督として監督の隣で撮影にのめりこんでいました。連日、走って叫んでまた走る!(笑) 白石さんはじめキャストの皆様と全力で立ち向かった本作はどんな映像に仕上がっているのか私自身楽しみで仕方ありません」と、コメントを寄せている。



 本作はWOWOWで7月22日(金)より放送・配信スタート(※第1話無料配信)。さらに、ドラマ版では放送されない特別なプロローグシーンを加えた劇場版も今夏の公開が決定。ドラマで、映画で、この夏を侵食するオカ森ワールドは、混沌へと拡大していく。白石組常連俳優は出演するのか? 今後、発表されるキャストにも期待が高まる。
カテゴリ