映画『キングダム2』真壁刀義が沛浪(はいろう)役で出演 戦場の場面写真解禁

映画『キングダム2』真壁刀義が沛浪(はいろう)役で出演 戦場の場面写真解禁

 プロレスラーとしてはもちろん、役者としても経験値を上げている真壁刀義が、映画『キングダム2 遥かなる大地へ』(7月15日公開)に出演することが明らかになった。ヒョウ公軍の歩兵隊の一員であり、信(山崎賢人※崎=たつさき)たちとは異なる最強の「伍」の伍長となる屈強な男・沛浪(はいろう)役を演じる。今作で描かれる信の初陣“蛇甘(だかん)平原の戦い”での信との関係性も見どころとなる。



【写真】信、“大将軍への第一歩”戦場の場面写真



 原泰久の人気漫画(集英社「週刊ヤングジャンプ」連載)を実写映画化。時は紀元前、中国春秋戦国時代を舞台に、天下の大将軍になるという夢を抱く戦災孤児の少年・信と、中華統一を目指す若き王で後の秦の始皇帝・エイ政(吉沢亮)の出会いと激闘を、壮大なスケールで描いた映画『キングダム』(2019年)の続編。天下の大将軍へ夢の第一歩を踏みだした、信の初陣となる “蛇甘平原”での戦いを描く。



 信と、今作から参戦が発表されたメンバーの場面写真も解禁された。ひたむきな眼差しで剣を構え、仲間たちと共に初陣に挑もうとする信に加え、華麗な剣術を魅せる今作のキーパーソン・羌カイ(読み:きょうかい/清野菜名)、信と同じく初めて戦場の様子を目の当たりにし、呆然とする尾平(読み:びへい/岡山天音)と尾到(読み:びとう/三浦貴大)の兄弟、冷静な判断をする澤圭(読み:たくけい/濱津隆之)。即席で運命共同体となった5人がどんな「伍」となっていくのか。



 さらには、厳かな雰囲気の仮面と大きな甲冑で身を包み、威厳を放つ、大将軍・ヒョウ公(豊川悦司)、険しい目つきに真剣な表情で、信たち歩兵に冷徹な指令を出す上官・縛虎申(読み:ばくこしん/渋川清彦)の場面写真からは、戦場にあふれる緊張感が伝わってくる。秦国・ヒョウ公軍が魏国・呉慶軍とどのような戦を繰り広げるのか、ますます期待が膨らむ。
カテゴリ