玉城ティナ、神木隆之介のコミュ力に感謝「助けられました」

玉城ティナ、神木隆之介のコミュ力に感謝「助けられました」

 俳優の玉城ティナ、蜷川実花監督が26日、都内で行われた映画『ホリック xxxHOLiC』(29日公開)公開記念の蜷川実花監督作品特別上映会イベントに登壇した。



【動画】神木隆之介との撮影エピソードを語る玉城ティナ



 同映画は、創作集団・CLAMPの同名コミックが原作。人の心の闇に寄り憑くアヤカシが視えることで孤独に生きてきた高校生・四月一日(ワタヌキ)役を神木隆之介、対価と引き換えにどんな願いも叶えてくれるミセ(店)の女主人・侑子役を柴咲コウ、四月一日の同級生・百目鬼(ドウメキ)役を松村北斗(SixTONES)。同じく同級生・ひまわり役を玉城、アヤカシを操り四月一日を襲う女郎蜘蛛役を吉岡里帆が演じる。



 玉城は共演した神木との撮影エピソードで「あんなに絡まれたの初めてだった(笑)」と振り返り「ほぼ、はじめましての皆さんの中で、あんまり緊張しなかったですね、普段より。『はじめましての人ばかりでいやだな』みたいな感じになるかと思ったけど、やっぱり神木さんの持つ“コミュニケーションおばけ”だったりとかに助けられました」と感謝した。



 また、この日は映画『Diner ダイナー』もイベント前に上映された。最後に玉城は「公開前の貴重な上映ですので蜷川ワールドの流れに乗りつつ、バチっと全然違う世界観で魅了していくであろうと思っています。楽しく見ていただいてご感想などいただけるとうれしいなと思います」と呼びかけた。

カテゴリ