2022年のアイブロウトレンドは“自分らしさ”。今すぐ使えるテクニックで、まゆげ迷子さんをレスキュー!


毎年、微妙に変化するアイブロウのトレンド。



今年はもしかしたら大きな転換期になるかも?というわけで、2022年に押さえておきたいトレンドをまとめました!



2022年のアイブロウのキーワードは「自分らしさ」



2022年のアイブロウトレンド図解
illustration by machi



今年のトレンドに共通しているのが、「自分らしい眉」であること。



①眉は抜かない



ここ数年は太眉やふさふさ眉が定番ですが、今年は少しずつ「細めの眉」の流れになってきています。だからと言って生えている眉を過度に抜いたり剃ったりはせず、整える程度に。



はみ出した所はそのままにしておくか、明るめカラーの眉マスカラで目立たなくするのが今年流なんです。



②骨格や筋肉の流れを意識する



今年のトレンドのスキニーアイブロウが、まさにこれ。眉山をしっかり取って、骨格に添いながらアーチ型にすると、顔の表情にきちんと沿って動いてくれるので、とってもナチュラルな雰囲気になります。



筋肉の動きに沿った、ナチュラルかつ存在感のある眉を意識してみて。



③カラーで個性豊かに



髪をハイトーンカラーにしてる人も増えて、色で個性を豊かに表現できる時代。アイブロウアイテムのカラーも充実しているんだから、取り入れないのはもったいない!



アイブロウでも、自分の「好き」を存分に表現しましょう。



3大トレンドアイブロウ



2022年のアイブロウトレンド図解
illustration by machi



①ナチュふさ眉



太眉の流れから取り入れやすい「ナチュふさ眉」。ストレート型が主流でしたが、今年は「眉山」を意識するのがおすすめです。



ふさふさ感を演出したいので、眉毛は長めの状態に。



アイブロウペンシルは足りない部分を描き足すだけ、そのあと全体にパウダーでフワッと描くだけで出来上がりです!



眉マスカラはカラータイプのほかに、究極にナチュラルに仕上げるなら透明タイプがおすすめ。眉頭から1cm辺りを上向きにマスカラを塗って、フサッとした印象に仕上げましょう。



②スキニーアイブロウ



90年代のスーパーモデル、ナオミ・キャンベルやリンダ・エヴァンジェリスタなどの眉がお手本。ファッションでY2Kを取り入れるなら、絶対に押さえておきたいメイクです。



前に韓国アイドルグループ、aespa(エスパ)のメイク研究をした時に気付いたのですが、今までの韓国メイクで定番だった太眉ストレート型から、眉山をしっかり取った少し細め&長めの眉になっていました。



いきなり細くて長いスキニーアイブロウに変えるのはちょっと…という人は、ぜひaespaのメンバーの眉を参考にしてみて!



③カラーアイブロウ



プチプラブランドからも、ピンクや赤やパープルのアイブロウパウダーや眉マスカラがいっぱい展開されている今、取り入れないのはもったいない!



ナチュふわ眉もスキニーアイブロウもグレーベースならパープルやグリーン、ブラウンベースなら赤系やピンクをちょい足しするだけで、今年らしい眉に仕上がります。



また、アイブロウパウダーと眉マスカラの組み合わせを変えて、顔の印象を変化させるのもおすすめですよ。



パウダーをピンク系にしてマスカラを赤茶にすると、眉のフサフサ感が強調されておしゃれ顔に。逆だとカラーが強調されるので、ハイトーンヘアカラーの人によく似合う眉になります。



自分らしい組み合わせを見つけて楽しんでみて!



アイブロウメイクにフォーカスした女性のイラスト
illustration by machi



メイクは眉で決まるといっても過言ではありません!



自分らしさを大切にしながら、今年っぽさをふんだんに取り入れた「自分だけの眉」を見つけてみませんか?



カテゴリ