ホテルコンチネンタル府中、この時期しか食べられない“天然タラの芽”満喫コース登場

ホテルコンチネンタル府中、この時期しか食べられない“天然タラの芽”満喫コース登場


ホテルコンチネンタル府中では、4月26日(火)より期間限定で、青森県にある自社農場「東北牧場」で採れた天然のタラの芽を満喫できるコース料理を販売中だ。

香りと旨味が凝縮した希少なタラの芽


東北牧場の天然のタラの芽は、4月下旬から5月下旬に無農薬・無化学肥料で収穫するもの。一本のタラの木から先端の芽だけを摘むため、香りと旨味が凝縮した希少なタラの芽となっている。

ホテルコンチネンタル府中の和食・洋食・中華の料理長が、素材の味を引き立たせてつくる、この時期限定のコースを紹介しよう。

タラの芽を満喫する創作中華のコース



「天然のタラの芽 中華コース」6,000円(税込)は、中国料理フィリーにて用意。


雪どけとともに現れるタラの芽をイメージした、真っ白な蟹のスフレがかかった“タラの芽と白身魚のあっさり炒め”に、大ぶりな海老と衣の歯ごたえが楽しい“タラの芽と海老のすり身パン包み揚げ”など、中華料理長・吉野氏が考案する創作中華のコースだ。

ステーキなど洋食との融合を堪能



「天然のタラの芽 洋食コース」6,000円(税込)は、レストランコルトにて11:00より販売。


オニオンの代わりにタラの芽をシャリアピンソースに使用したステーキや、ふわりと揚げた“タラの芽のベニエ”など、総料理長・アリャール氏が作る、ここでしか食べられないタラの芽と洋食の融合を楽しむことができる。

素材の旨味が際立つ和食会席コース



「天然のタラの芽 会席」8,800円(税込)は、和食料理長・佐藤氏が作る和食会席コースで、レストラン東北牧場にて11:30より販売。


人気のタラの芽の天ぷらをはじめ、東北牧場の香り高いニンニクを合わせた豚肉巻きなど、素材の旨味が際立つ品々を用意している。

タラの芽の収穫時期である5月下旬まで販売



タラの芽コースの予約は、ホテルコンチネンタル府中 レストラン東北牧場直通の電話にて受付中。なお同コースは、タラの芽の収穫時期である5月下旬までの期間限定で販売される。

各レストランの営業時間など、詳細はホテル公式HPをチェックしてみて。

■ホテルコンチネンタル府中
住所:東京都府中市府中町1-5-1
URL:https://www.hotel-continental.co.jp/
カテゴリ